そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[906] [905] [902] [900] [893] [891] [890] [888] [885] [883] [882]

駄獣の群   与謝野晶子


ああ、此国の

怖るべく且つ醜き

議会の心理を知らずして

衆議院の建物を見上ぐる勿れ

禍なるかな

此処に入る者は悉く変性す

たとへば悪貨の多き国に入れば

大英国の金貨も

七日にて鑢(やすり)にて削り取られ

其正しき目方を減ずる如く、一たび此門を跨げば

良心と、徳と、理性との平衡を失はずして

人は此処に在り難し

見よ、此処は最も無智なる

最も悖徳なる、はた最も卑劣無作法なる

野人本位を以て

人の価価を 最も粗悪に平均する処なり

此処に在る者は

民衆を代表せずして

私党を樹て

人類の愛を思はずして

動物的利己を計り

公論の代りに

私語と怒号と罵声とを交換す。

此処にして彼等の勝つは

固より正義にも

聡明にも 大胆にも、雄弁にもあらず

唯だ彼等互に

阿附し

模倣し

妥協し

屈従して

政権と黄金とを荷ふ

多数の駄獣と

みづから変性するにあり

彼等を選挙したるは誰か

彼等を寛容しつつあるのは誰か

此国の憲法は

彼等を逐ふ力無し

まして選挙権なき

われわれ大多数の

貧しき平民の力にては……

かくしつつ、年毎に

われわれの正義と愛

われわれの血と汗、われわれの自由と幸福は

最も醜き

彼等 駄獣の群に

寝藁の如く踏みにじらるる……



与謝野晶子が、この詩を発表したのは、1915年の読売新聞紙上。
 
現在、国民は選挙権を持っている。しかし、持たなかったあの時代となんら変わらない。

「駄獣」が、今も、この一瞬も、国民をほんろうし、この国を滅ぼそうとしている…、

ちなみに、駄獣(だじゅう)とは、荷物などを
背中に載せて運搬するために利用される使役動物のこと。

拍手[3回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】