そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [2] [1]
 あなたの「普通」と、相手の「普通」は違う!

 「なぜ、第三者(美桜・竹内結子演じる)を使って復讐するのか。普通なら会って問い詰め、殴るだろ!」  これは、中日新聞のテレビ番組についての紹介欄「ドラマ井戸端」に載っていたものです。3人の記者たちの率直な感想というか、ざっくばらんな意見が出されています。

 さて、「普通なら…」という言い回しは、しばしば聞くものです。しかし、その人にとっての「普通」が、他の人にとっては普通ではなく、驚くとか違和感を持つとか、奇異に感じさせることがあります。

  ドラマは「復讐劇」のようですが、復讐したいような相手でも、直接その相手のところに出向いて問い詰めたり、殴ることができる人がそれほどいるでしょうか? 職場のいじめが話題になっていますが、多くの人たちは我慢しています。学校内
でいじめられて自殺する子どもたちがいることを、この記者も知っていることと思いますが…。たぷん、たまたま、この時は思い至らなかったのでしょう。

 「普通なら会って問い詰め、殴るだろ!」と、深く考えずに語る人がいたら、攻撃タイプ(8・2・5)と判定します。単に「問い詰めて、やっつけてやる!」と息巻いているだけであれば、攻撃タイプとは判定しません。「普通なら…」というセリフが入っていたので、攻撃的な気質だと考えられるのです。

 ちなみに、調和タイプ(3・6・9)と防御タイプ(7・1・4)にとっては、憎むべき相手であっても直接に会って問い詰めるなど、かなり勇気の要ることです。むろん、攻撃タイプの人でも勇気が要り何もできない人のほうが多いのではないでしょうか。上記
の6つのタイプは、攻撃タイプよりずっと怖がりな気質です。それゆえ、直接的には何もできないかもしれませんが、泣き寝入りするとは限りません。

 攻撃タイプから見ると、他のタイプの人たちは弱虫とか、いくじなしに見えるようです。しかし、弱虫がその気になったら怖い存在になることを知っておくべきです。あらゆる方法を考えて復讐するかもしれません。

 人間はみなプライドが高いのです。人によって、また、タイプによってプライドの高さに、違いというものはありません。プライドがあるから傷つくのではないでしょうか。人とよい関係を作り出すためには、まず「自分を知る」ことが大切ですが、相手の「普通」と、自分の「普通」は違うのだということも知ってほしいところです。エニアグラム性格学では、「9つの普通がある」と考えております。





拍手[1回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6
8 9 10 11 13
16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】