そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
USA: Thousands hit Times Square to vent anger at Jerusalem decision

Thousands of protesters gathered in New York City’s Times Square on Friday to protest US President Donald Trump’s decision to recognise Jerusalem as the capital of Israel

エルサレムをイスラエルの首都と認める米国大統領ドナルド・トランプの決定を認められず、先週の金曜日、数千人の抗議者がニューヨーク市のタイムズスクエアに集まりました。

 

拍手[0回]

アメリカには、アメリカ大使館をエルサレムに移転させる法律(1995年から)があると、昨日知りました。しかし、いつ移転させるのかは決まっておらず、いつにするかは大統領の権限になっているとか。

大統領は、6ヶ月単位で延期する権限が与えられているらしく、歴代大統領は施行延期を繰り返してきたようです。そんなことをしたら大変なことになると、知っていたのでしょう。

それがどうだろう。トランプは124日で期限を迎えたので、いつにするか決めねばならなくなった。で、歴代大統領が踏み切れなかった首都を移転させると決めた。

無事に年を越すことが求められている時期なのに…。これではテロ活動がより活発になる恐れがあり、それどころか世界中を巻き込むような事態になることも考えられる。そう考えると、トランプって阿保というより、狂っているとしか考えられません。

なお、
内田樹さんのブログ(http://blog.tatsuru.com/)には、125日のJapan Times に載った「王の狂気」と題するトランプ大統領についての記事に関して、コメントしています。

また、デモクラシー・ナウのサイト(http://democracynow.jp/)にも載っています。
「ドナルド・トランプの危険な症状」 精神科医バンディ・リー、大統領の精神状態への危惧を語る」

真っ先にトランプの相棒(ポチに)になったアベ。このような報道があったこと知っているだろうか。「まさか!?」と思うようなことが起きて、まさかという世界大戦が起きるってことも、脅しではなく十二分に考えられると思う。

ただ、半年毎に危機が来るかもという設定には驚かざるを得ない。アメリカはそんな国だったのだと…。でも、この国の基本戦略は“脅し”なのだから必然的ではあるが…。ヤクザと何ら変わらない、節度のない礼儀知らずの国なのだ!
それにしても、
常時、喫緊の決断が迫っていて、それが次々と押し寄せてくるような時代に突入したのだろうか。いまだ平和ボケしている私たち日本人の運命や果たして如何…、
 

拍手[2回]

日時: 2017123日(日)
開場     930
開演     1000
110001100 前川喜平さん講演会
休憩11001110
211101200 前川さんに聞いてみよう!(質問タイム)
終了     1200

会場: 西尾市一色地域交流センター(500名)
           西尾市一色町一色東前新田8 

*ナビでは「一色町公民館」で検索してください
*駐車場は近隣のご協力を得てご用意しますが、どうしても数に限りがありますので、乗り合わせのご協力をお願いします。
*名鉄西尾駅から名鉄東部バス「三河一色」下車徒歩5分でもご来場いただけます。
840858着/915933着 片道410円)
チケット: 大人 前売り1000円  当日券1300

拍手[1回]




こちらも、全動画がみられます。2時間余
10/23 前川喜平が語る教育
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/403110
 


拍手[0回]


☆「日本の種子(たね)を守る会」設立!!「多国籍企業は10年先を読んで仕込んでくるが、我々は100年先を考えて集中した活動を地道に積み上げていく」

~西川芳昭教授記念講演・同会設立総会・記者会見 2017.7.3
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/387532


拍手[1回]

デジタル監視と人権〜エドワード・スノーデン   日本語字幕  11/10

CLU創立70周年記念シンポジウム「デジタル時代の監視とプライバシー」の第1部。アメリカ国家安全保障局 (NSA) および中央情報局 (CIA) の元局員・エドワード・スノーデン氏のライブインタビューノーカット版。

詳細はこちら http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2184

【寄付のお願い】
OurPlanet-TV
は非営利の独立メディアです。企業や行政­からの広告収入を一切受けていません。制作に関わる費用はすべて、応援してくださる個­人の寄付や会費によって支えられています。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1523


拍手[1回]

拡散希望

意見書にご署名お願いします!



マウリシオ・マクリ大統領、ならびにG20参加国首脳各位

グローバルな格差問題は、衝撃的レベルに達しています。なんと、世界の富裕層上位8人と、世界人口の半分の資産額は同じなのです。

しかもこの格差はますます拡大の一途をたどっていますが、それは巨額の金がタックスヘイブンという不透明な世界に流れてしまい、税収として各国経済に反映されていないのが原因のひとつです。一握りの富める者がますます裕福になる中、そのつけを払わされているのは、その他大勢であるわたしたちなのです。

8年前G20は、これら問題のある金融取引を禁止することに合意しました。今こそ、この合意を実行に移すべきときです。私たちは、タックスヘイブンを閉鎖し、この制度を悪用してきた人々の責任を追及するための対策を速やかに講じるよう求めます。

公益のための納税は、誰もが果たすべき義務であり、あなたには皆にその義務を果たさせる責任があります。世界の一市民として、私たちはあなたの行動を求めます。

誠意を込めて

署名はこちら

拍手[0回]



朝日新聞への投書 11/11

元特攻隊(88歳)

18歳~29歳。わざわざ自分を兵隊にする改憲をしたがるお前たち、馬鹿だなあ

http://
健康法.jp/archives/36249

拍手[2回]

日本には、横田空域という米軍の管理空域があります。その横田空域に、日本の飛行機は飛べないことになっています。つまり、関東の上空の膨大な空間が、アメリカによって常に支配されているということです

横田空域 に対する画像結果


拍手[4回]


TBS記者からの暴行被害を訴えたフリージャーナリストの伊藤詩織さんが24日午後3時から東京の外国特派員協会で記者会見する。https://thepage.jp/detail/20171023-00...

権力の私物化か。
腹心のジャーナリストを無罪放免にした官邸の闇http://news.livedoor.com/article/detail/13187244/

TBSワシントン支局長の山口敬之氏に、「レイプされた」と、顔出しで告白したことが大きな話題となった、ジャーナリストの詩織さんによる記者会見。なぜ、多くの状況証拠があったにも関わらず山口氏の逮捕状は取り下げられたのでしょうか?

メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、山口氏が不起訴となった背景に安倍官邸との「親密さ」が関係あると指摘。さらに「加計学園問題」でも問題視されている、安倍官邸による「権力の私物化」を一刀両断しています。

安倍首相の“腹心の友”が加計孝太郎氏なら、さしずめ 元TBSワシントン支局長、山口敬之氏 のことは、“腹心のジャーナリスト”と呼べる。

拍手[4回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8
10 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】