そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1] [2]
天皇が亡くなったら、普通、皇太子が継ぐべきところです。まさか皇太子の母親で、かつ前天皇(皇極天皇)だった女性が復位するとは…。当時、誰もが仰天したのではないかと思うのです。二度も即位(655)したことになり、これを「重祚(ちょうそ)」といいますが、史上初めてのことです。

これほどのことなのに、「日本書紀」では全く取り上げていません。謎です。怪しいところです。皇太子である中大兄皇子は30歳、宝姫王(斉明天皇)62歳ですから、年齢的に見てもあり得ないことです。しかし、彼女がタイプ8だとなれば、権力欲の強さは他のタイプとは比較にならぬほどですから、老齢であっても、息子を差し置いても即位するはずです。

拍手[2回]

さて、宝姫王は弟の孝徳天皇に譲位し、かつ息子の中大兄皇子を孝徳の後継者に命じました。政務の多くは孝徳と皇子に任せましたが、重要だと認められるものは宝姫王が決めていたと考えられます。

ところが、宝姫王は「入鹿が目の前で殺されたのを見て、ショックを受けて天皇の地位を投げ出した」と述べている著書(橋本治著『日本の女帝の物語』に掲載)があります。
しかし、彼女がタイプ8であれば、彼女が計画して主導したのですからショックになるはずもなく、そうでなかったとしても、そのことで天皇の地位を投げ出すなどは考えられない人間です。

拍手[1回]

私が驚いたのは、宝姫王(皇極・斉明)をタイプ8だとしてみたら、不可解なことや謎だと思われていたことが、どうやらスラスラと解明できると気づいた時です。当時の舞台と出来事などを調べて、人間関係や年齢なども把握していくと、宝姫王の行動の仕方が難なく書きまとめられるのです。うまく説明できるのですから、タイプ8と判定したことで間違いではなかった、と、思うのです。

拍手[2回]

宝姫王(皇極天皇35)が即位したのは、64249歳の時です。彼女にとっては、子どもの頃からの夢が叶ったのですから、興奮と緊張で眠れない日が続きました。蘇我蝦夷に新宮殿の建設を命じ、夫が建て始めていた百済大寺の完成を命じ、その他船舶の建造なども進めさせるなど、多忙な日々が続きます。

が、不穏な気配は即位前から続いていました。皇極は推古天皇(33)と違い、「天皇になれる身分ではない。即位させるなどもっての外だ」という非難が日に日に盛り上がる様相です。デモする人たちがたくさん居たかも…??

聖徳太子を慕う人々の中では、太子の第一皇子である「山背大兄王(やませのおおえのおう)こそが天皇になるべきだ」と気勢を上げる輩も少なくありません。そんな世相を反映してか揉め事や豪族同士の争いが続き、なにやら嵐が巻き起こりそうな雰囲気に…。

拍手[4回]

よくよく調べてみたら、宝姫王(皇極・斉明)の祖父である桜井皇子は、欽明天皇の息子で、かつ推古天皇とは母親が同じですから、姉弟という関係です。母が同じということは、母系社会で妻問婚でしたから、推古天皇と同じ屋敷に住んだり、互いによく行き来するような血縁関係です。

推古天皇は才色兼備だったようで、亡くなったのは74歳で、当時ならかなりの長寿です。宝姫王より40歳年上です。たぶん、宝姫王は幼い頃から推古天皇から声をかけられたり可愛がられた可能性があります


拍手[6回]

さて、宝姫王(皇極・斉明)をタイプ8だと見て、その気質から、彼女の生き方や当時の環境の中での対処方を考えてみました。彼女の生涯がどういうものだったか、その軌跡を確かめながらストーリーを描いてみようと思います。

宝姫王594年に誕生です。推古天皇が39歳で即位(593)して、74歳で亡くなられた(628)ことを身近に見ていたはずです。権力志向の強い気質ですから、推古天皇のことは、憧れというよりは目標になる人物だったと考えられます。

宝姫王は、皇族とはいっても身分的にはかなりの下位ですから、皇后にはなれても、推古天皇のような女帝になれる可能性は低いのですが、たぶん、「絶対になるぞ!」と機会を探していたと考えられます。十代の頃から周囲から婚姻をすべきだと迫られても、その気になれず拒否していました。(と、思う)

拍手[2回]

斉明天皇のエニアタイプは、タイプ8の可能性があると見ていますが、もう少し取り上げます。前回、略歴みたいなものを載せていますが、実にしばしば遷幸(新しい都へ天皇が移ること)をしており、さまざまなところに行幸しています。
温泉地に数か月も長逗留しており、かなりの温泉好きのようです。さらに、他国の使節やその他の人たちを饗応することを好むなど、高齢なのにやる気満々という印象で、エネルギッシュな女帝と言えそうです。

拍手[5回]

天武天皇のエニアタイプは、タイプ8と判定できたものと考えていますが、実は、その母上である皇極(=斉明天皇、二度も即位して名も二つ)も、タイプ8ではないかと予想しています。親子なのですから、タイプ8という気質を継承したものと考えられます。

仮に、タイプ8だとしたら、奈良時代以前の古代史として学んだことの中で、事実では無くなるところが出てくるかもしれません。ゆえに、この女帝のエニアタイプをさきに絞る必要があります。
まずはウィキペディアにある記事(青字)を取り上げて、エニアタイプを絞ろうと思います。略歴的なものを転載しています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%89%E6%98%8E%E5%A4%A9%E7%9A%87



拍手[3回]

前回、「天武天皇は即位して後、一人も大臣を置かず、重臣に政務を委ねることもない独裁権力者になった」ので、そこにタイプ8らしさを感じられたと言えます。ちなみに、当会のホームページには、「タイプ8の標準的な特長」を以下のように示しています。

タイプ8の標準的な特長
http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/cgi-bin/page05/05-8.htm

つまり、タイプ8の標準的特長として、権力指向がある・もっとも指導力がある・何事も独断で決める、としています。ですから、天皇などに即位すれば、独裁権力者になるのは必然的です。また、臣下や部下たちを率いるとしたら、「白黒や賞罰をはっきりとつける」という傾向があります。そして、ウィキペディアに載っている中(青字)に、それらしきものを見つけました。

拍手[2回]

天武天皇がタイプ8であれば、「女性を強く意識するタイプ(873)」であり、それならば女好きだということが記録に残っているはずです。調べてみたら、11人の女性との間に18人の子どもを得ていました。

でも、一見、女好きに入れられるところですが、奈良時代以前であれば、これくらいの妻を持っても「女好き」には入らないことも考えられます。

拍手[4回]

カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 9 10
12 14 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】