そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1262] [1261] [1260] [1259] [1258] [1257] [1256] [1255] [1254] [1253] [1252]

エニア講座の受講生たちと雑談していると思いがけない情報が入ります。

受講生A:先週末に、主人と友人の家族の総勢13人で、一泊キャンプした時のことなんだけど…、うちの主人ったらなんか協調性がなくてね。

受講生B:アラ!あなたのご主人は、うちの人と同じでタイプ9w1だったわよね。調和タイプだから協調性はあるほうなんじゃない?

受講生A:あの人に協調性なんて無いわよ。キャンプした翌日にね。ちょっと寄り道したんだけど、気づくと主人の姿が見えなくなって、みんなで20分くらい探し回ったのよ。そしたら、小高い丘のてっぺんから私たちを見下ろして手を振っている人がいたの。よく見たらうちの主人なのよ。恥ずかしかったわ!

講生C:でも、そんなことくらいで協調性が無いなんて言えないわよ。
受講生A:まあね。でも、よくあるじゃない、山の頂上からカメさんが一番乗りして旗を立てている、あれよ。あんなところで目立ちたがっているんだから…。

受講生B:エエッ! なにそれ! 同じ場面をみたことあるわ。写真に撮ったから。
受講生A:なんのこと言ってるの?

受講生B:だからさあ、ツァーで台湾旅行している時に、うちの連れ合いも城跡にある塔にさっさと登ってしまったの。みんなに断わりもせずにね。塔の上からみんなを見下ろして手を振っていてね。そこを写真に撮ったことがあるの。迷ったのかと思って心配したのよ。
(一同、大爆笑)

受講生C:う~ん、同じ行動パターンだよね。タイプ9は目立ちがりなところはあるよね。普段にあまり目立つ人じゃないけど…。

さて、タイプ9は目立ちがらないほうですが、目立つことをたまにすることがあります。

5・9・4→通常は目立ちたがらないが、本当は目立ちたがり
8・3・7→通常は目立ちたがりだが、目立ちたがらないこともよくある。
2・6・1→どちらもあり、どちらでもない。

 
そして、気質(性格)というものは、振る舞い方にあるのであり、その行動のとり方に一定のパターンがあります。

同じエニアタイプは、同じ行動を取ることがあります。

(むろん、全てのタイプ9が、全部同じ行動をとるなどということはありません。こういう
誤解は、なさらないでくださいね。でも、しばしばこのような誤解が生じています。)

従って、「自分は目立ちたがるほうではない」などと、本人が語っていたとしても、本人が本人の行動の仕方に自覚的になることができなければ、永遠に自分の気質(性格)を知ることはできないのではと思われます。

行動というものは、ふだん無意識に何気なくやっていることばかりですから、それを「意識する」「自覚的になる」ことは、簡単そうで難しい…。

拍手[1回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】