そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[2536] [2535] [2534] [2532] [2531] [2530] [2529] [2528] [2527] [2526] [2525]
アンドリュー・ナゴルスキ著の『ヒトラーランド』は、ジャーナリストや外交官などの日記、手紙、インタビューを丹念にあたって記録(青字)をまとめた本です。ここからヒトラーの気質(性格タイプ)がどのようだったかを取り上げてみたいと思います。

大勢の記者たちの目を引いたある特徴があった。ヒトラーは腰の辺りがややふっくらとしており、そのせいで女性的な体型にみえる。ヒトラーの性格にはとても女性的な要素があり、それが彼の暴力性の一因となっていることも考えられる」とニッカーポッカーという25歳のアメリカ人記者が日記に記している。

女性的な性格だと判断したのは、どういうところからなのかエピソードも書いてありません。そこが知りたいところなのに…。ただ、当会の基本理論にあるように、タイプ2は女性性の強い気質ですから、それは自然に醸し出しており、周囲の人からそれと知られるものです。男性的な人だと思っていたら、ある日、女性的な人だと知って驚くことはよくあることです。

なお、タイプ2は「お母さん気質+長女気質」で、男女を問わず全タイプ中で最も女性的という傾向があります。ちなみに、タイプ1w2は「長女気質+お母さん気質」で、こちらもかなり女性的な気質です。タイプ誤認しやすいと言えます。ついでに、2w3は「お母さん気質+次男気質」で、男性的な気質を併せ持っています。


さて、ビアホールで起こしたクーデターが失敗して、ヒトラーは負傷して逃げ出しますが、なんと、前回取り上げたプッツィの妻(ヘレン)がいる別荘に向かったのでした。

「ヒトラーはひたすらしゃべり続け…中略…バイエルン政府幹部たちの裏切り行為を激しく攻め立てた。ヒトラーは追ってが迫ってくると知り、自殺しようとしたが、ヘレンは引き留められた。

美人妻のところへ逃げ込むとは、恋愛感情があったのかもしれません。が、それにしても、事が失敗したと知ってすぐに自殺を図るなど、なんとジコチューで手前勝手な人間なのかと思う。しかも、この女性に迷惑を架けることを考えない。依存的で甘えているとしか思えません。この部分はアベに似ているように思う。

ところで、元々おしゃべりな人は興奮するとしゃべり続けるという傾向はあります。無口な人は興奮するとより無口になったりします。で、前者は、ここでそれを言ってはおしめぇだ、という時に、さらに言い募ったり、言ってはいけないことまで言いだす始末。
後者は、そこで言わなくてなんとする、という事態になっても、滑舌がわるくツバも出ないのか、よけい舌が回らなくなったりします。あ~ぁです。

プッツィはヒトラーが性的に不能であり、ヒトラーがヘレンに抱いている愛情も、手にキスをしたり、花を贈ったりする段階より先に進展することは決してなかったと断言している。「ヒトラーには普通の性生活などなかった。ヘレンに対するヒトラーの気持ちにも肉体的な執着はまるで感じられなかった」、ヘレンもまた、ヒトラーはおそらく中性なのだろうとプッツィに話していた。

さらに「わたしはやがて、ヒトラーは不能で抑圧された、自慰にふけるタイプの人間だと確信するに至った」とプッツィは書いている。
なお、プッツィはヒトラーの政敵ではなく、取り巻きのひとりです。

「彼は一生のあいだに幾人かの女性に心惹かれており、そのなかでヘレンが最も年齢が近い相手だった。ヒトラーはつねに年上の女性から好かれたが、本人は自分よりもずっと若い女性に向けられていた」と著者が言う

ヒトラーは最後に結婚式を挙げた女性エヴァ・ブラウンとともに地下壕で自殺していますが、エヴァは23歳年下です。ウッキにある記事(青字)では…、エヴァはヒトラーに対して深い愛情をいだいており、あまり男性としての自信が無かったヒトラーに「性的欲求も得たいのなら、他の男と付き合いなさい」とエヴァは忠告されても離れることは無かった。

★ヒトラー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83
%95%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC


★動画「ヒトラー最後の日 資料が明かす独裁者の末路」
https://www.youtube.com/watch?v=u2OSV0Rvuyk

★人類は9人家族
http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/static/theory7.htm

上記に載せていますが、9タイプは精神年齢がそれぞれに違うとも考えられます。すなわち、年上の女性を好むのは子どもタイプ(17634)に多く、大人タイプは年下の女性を好む傾向があります。むろん、それに当たらない人もたくさんいますから誤解しないでください。

「恋愛とは交通事故に遭うようなもの」というのが、私がよく使うフレーズです。ワイルドで長身の男が好みと言っていたのに、軟弱でかつ短足の太った男性を好きになってしまった女性を知っています。自分の好み通りにはいかないものです。恋愛だけじゃありませんが…。(つづく)


 

拍手[2回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】