そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[2590] [2589] [2588] [2587] [2586] [2585] [2584] [2583] [2582] [2581] [2580]
タイプ4は率直で正直になりやすい気質です。一方、タイプ7は本音を出さず過ちを認めにくい気質と言えます。この面だけをみたら、タイプ4のほうが印象がよく、良い人っぽく見えるかもしれませんね。

しかし、タイプ4は些細ことでも変に意地っぱりになることがあります。たとえば、意地っ張りなところを、以前このブログで、「23年間も妻とは口をきかなかった夫」に関しての動画を載せています。

この夫、3人の子育てに忙しい妻が、自分のことを構ってくれないとスネて、23年間も意地を張っていたというエピソードです。スネオ君のスネオぶりは驚くほどです。以下の動画……



 

ついでながら、タイプ3w4の夫のスネオぶりもご紹介します。やはり妻が子どものことばかりかまけていたためか、自分がないがしろにされたと感じたのか、約3か月間スネオをしたというものです。

妻が用意した食事をまったく食べず、酒だけを飲んでいたということです。元々酒好きの酒豪なのですが…。で、子どもがとりなしたので3か月で終了したようです。もしも子どもがいなかったら、もっと続いたかもしれません。いずれにしても、どちらも、さびしがり屋の子どもタイプだということが原因の一つと言えます。

このように、タイプ4は率直で正直であるとしても、その裏返しとしてあるのか、依怙地とさえ言えるほど頑固で柔軟性がないところがあります。

一方、タイプ7は素直で正直とは言い難いところがありますが、むしろタイプ4よりずっと率直で正直なところがあります。タイプ4より頑固ではなく、柔軟性があると言えましょう。ここが面白いところで、人の気質を知ることが面白く、かつ楽しくてなりません。
 


タイプ7(長男気質)も子どもタイプですが、同じ子どもタイプであるタイプ4(末っ子気質)やタイプ3(次男気質)より年長者です。

★9つのタイプは年齢差がある
http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/active/page15/15-1~/15-38.htm

タイプ7の夫は妻に構ってもらいたい、と受け身になることはあまり考えられません。妻が忙しそうにしていれば、他に楽しみを求めます。釣りやスキーをして、パチンコにいくかもしれません。家の外に楽しみを求めるほうです。

しかし、元気では無く、楽しみ方の下手なタイプ7(結構よくみかけます)であれば、子どもに八つ当たりします。虐待も考えられるほどで、子どもを可愛がるとしたら妻の夫へのつくし方如何によります。そういう意味ではとても正直です。

ある受講生には息子二人がいましたが、夫が息子たちを可愛がらず、塾など教育費を出し惜しむと悩みを語ってくれたことがあります。タイプ7w6の男性です。

そこで夫サービスをセッセとしてほしいと伝授しました。夫のしたことで褒めたり喜んだり、うれしがったりするようにとも。すると、いとも簡単に夫は子どもたちとよく遊ぶようになったと知らせてくれました。

夫を可愛がれば、夫は子どもを可愛がります。ドミノなのです。子どもばかり可愛がれば、夫は子どもが憎ったらしくなるのです。つまり、おとならしくありません。子どもタイプなのですから…簡単な原理です。

このように正直すぎるほどで、ストレートな反応です。別に愛してなくともいいのです。「優しさ」と「いたわり」、これだけで夫婦仲は全く違ってくるのに、それができない妻たちが少なくありません。

(ついでに、2w1妻の意地っぱり度も相当なのですが…。男性の存在が大きく、期待しているから不満も大きくなりやすく、それで依怙地にもなりやすい)

9つのタイプは特定の対象に意識が向けられている
http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/static/theory5.htm

この2w1と対極にいる837という3つのタイプは、男女に関わらず女性への期待度が大きいという傾向が見られます。女性に不満も持ちやすいのです。妻に冷たくされたら、いじわるすることがあります。

タイプ7ならば浮気をすることも普通によくあります。女好きですから…。タイプ3は、タイプ7より年少型タイプですから、そこまではしにくいようですが、ちょっとしたイジメはあるみたいです。ちなみに、3w4のほうは自虐的ないじめをするかもしれません。自虐的と言えば、タイプ7w6にもよくありますが。

さて、837の3つのタイプは、上下関係や力関係をよく見ています。目下や弱そうな相手に当たり散らしイジメなどもするかもしれません。ですから、妻がタイプ2(お母さん気質)である場合と、妻がタイプ4(末っ子気質)である場合では、いじわるの仕方も違ってくると考えられます。

また、タイプ7やタイプ3は、弱い相手と見ると足元を見られてさらにイジメルこともあるため、強そうに見せる必要あります。

なお、タイプ7の子どもの精神状態が悪い場合(たとえば母親に叱られてばかりだと)、弱い相手ほどより図に乗ってイジメることがいます。周囲から爪はじきされている子どもほどよくイジメます。障碍のある子どもほど冷たくなるということもあります。(むろん、他のタイプにもあります。誤解しないで)
 
 
さて、大人タイプ(9582)の夫は、妻に構われなくとも、そんなことでスネオになることはあまり考えられません。しかし、子どもタイプ(17634)はさびしがり屋です。なかでも、女性の存在が大きい7と3は妻の接し方如何で幸せになり不幸せにもなります。

タイプ4は、一番にさびしがり屋で孤独感に陥りやすく泣き虫です。しかし、仕事や趣味に集中していると、妻に少しほったらかされていても気づきません。実際、タイプ4は仕事で手一杯の夫たちばかりにみえます。

また、女性への期待はあまりないので不満もでにくいのです。妻が寄り添って話を聞いてあげるだけでいいみたいです。タイプ7やタイプ4の夫を持つ妻たちにぜひとも伝えたい情報です。(つづく)

拍手[19回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】