そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[2120] [2119] [2118] [2115] [2114] [2113] [2110] [2109] [2107] [2106] [2105]

‥‥ いま、安心感はなく、宝石のようにひかるのは勇気だけ

戦争は、わたしたち自身のもの 

いま、ここで、

わたしたちの国が 直面する信頼を裏切ったという恐れ

お話の結末は、わたしたち自身の言葉で紡がなくてはならない

それから後は、こうなりましたとさ、と。


上記は、以下にある詩の一部だけを転載したものです。

タイトルは「戦争に戦争を重ねるアメリカ」です。

私が好んでよく読んでいる作家・アーシュラ・ル・ヴィンさんの
詩を、高橋茅香子さんが翻訳してくれています。

全文かつ英文詩が読めます。

http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/trnsltn/pdf/takahashichikako.pdf

★アーシュラ・ル・ヴィンさんのウェブサイト
http://www.ursulakleguin.com/
http://www.ursulakleguin.com/UKL_info.html


拍手[5回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】