そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[2741] [2740] [2739] [2738] [2737] [2736] [2735] [2734] [2733] [2732] [2731]
今回も、ウィキの記事(青字)から、龍平さんのエニアタイプを絞っていこうと思います。

ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E7%94%B0%E9%BE%8D%E5%B9%B3
 
「父、松田優作について」の項には、6歳で父親を亡くし、記憶は薄いものの父親の話していたことは全て覚えていると語っている。父親は厳しいなんてものじゃなく、自転車ごと投げられたこともあると語る。

6歳の頃の父親の話したことを「全て覚えている」って、ホントか? 疑問に思うところです。しかし、それほど確信を持って覚えているとしたら、「父親(男性)を強く意識するタイプ(261)」の可能性があります。以下に関する理論を載せています。
http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/static/theory5.htm


ただし、父親の躾というか教育がかなり厳しいとなると、父親を強く意識するタイプではなくとも、たいてい誰もが緊張したり警戒して、記憶もあまり消えることがない、と考えられますから、この3つのタイプだと絞れません。



エピソードの中にあるものですが、「事務所に無断で出演し、かなり怒られた」とあります。事務所との契約書などを読んでいないのか、あるいは、そんなものは無いのかわかりません。芸能界に入ったばかりの若者であれば、「芸能界の常識」を知らないのは普通にあることなのかもしれませんから、ここではタイプが絞れません。

ドラマ『あまちゃん』で共演した能年玲奈には「おもしろい方」と言われ、撮影中に『ゾンビの行進』のモノマネをいきなりしたこと。

このエピソードからは、タイプ9の可能性はかなり低くなります。サプライズっていうものがまず考えられない気質の人だからです。家族などの身内であれば少しはあるかと思いますが、仕事場では緊張してミスしないことばかり考えているのではと。

また、撮影中にゾンビのモノマネをしているところからは、タイプ4の可能性もかなり低くなります。タイプ9よりずっと緊張度の高いタイプ4であれば、休憩中でも緊張している可能性があります。「面白い人」と言われる人もよく見かけるタイプですが、特別な設定の場とか、親しい間柄にならなければあり得ないエピソードです。

今後の能年についてお色気路線を薦めたこと、作中で『GMT』を演じた若手女優たちと「しゃべり場」をしていたことなどを暴露された。

能年玲奈さんは年下で愛らしい女性なので、口が軽くなったのかもしれません。が、このような冗談みたいなことを、知りあって間もない人に薦められるのか。薦められるタイプはどこか、と、言えば、もはやタイプ2にしか無いと言えるくらいです。

それに、能年玲奈さんはタイプ4と判定している方で、末っ子気質で子どもっぽく、色気と超無縁です。冗談を言っているのか。からかって楽しんでいる?

女優さんとよくおしゃべりできたらしいのですが、「女性を強く意識するタイプ(837)」は、女性と気軽に語れるほうではありません。594という3つのタイプは、初めての仕事場でおしゃべりに興じるなどあまり考えられません。つまり、残りは261で、しかも羞恥心の少ない気質だと絞れるところです。

テストと本番で演技が違うことが多々あり多くの役者から指摘されている。大泉洋はそのことについて認めているものの、「テストで面白いことをやったのに、本番では飽きてやらないってことがしばしばあるので、あれはやめてほしいね」と語っている

上記エピソードからは、もはやある一つのタイプでしか考えられません。神経が太いと考えられる行動であり、「自分は世界の中心にいると自己認識するタイプ(852)」と絞れるところです。

テストでもかなり緊張し本番なれば緊張度が高まり過ぎて、ミスを犯すというならば、タイプ4やタイプ9らしいところです。そんな人たちが、「本番では飽きてやらない」ことが、事実なのかどうかはわかりませんが、あり得るのだろうか?

なお、
大泉洋さんも同じタイプだと見ていますが、そういうことに批判的のようです。それが普通というか常識的なところであり、一方、龍平さんのほうは常識を知らないのか? 緊張感が無さすぎる…、

いや、たぶん、たまたま思わず知らずやってしまったのだろうと思う。が、そういうことがまるで思いつかないタイプがいるのですから、タイプ判定は比較的早くできると言えます。

台本を覚えずに行くこともあると、周りや松田本人も語っている。しかし、「あまちゃん」の現場で同じように台詞を覚えずに行ったところ、監督がカットを割らず1シーン10分長回しなどがあり、地獄をみた。

ここで、もう決まりですね。周囲の人たちに大迷惑をかけるようなことをしています。攻撃タイプ(825)のタイプ8やタイプ5でもあり得ない大胆不敵な行動です。地獄体験をしないと分からない人のよう…。

自分の台詞だけ覚えて現場にはいることもあるため、舞台挨拶にて作品について思い出せなかったり、映画が出来上がった時にやっと作品の内容を知る場合がある。

相手のセリフを聴いて自分のセリフを言わねばならないのでは! あまり緊張しない私でも批判的になってしまう。仕事なんですからね。そこまでできるのかと不思議に思うほどですが、あなたはどう思われます?

ィキペディアだけではタイプ判定できないと思って、次の情報を用意していたくらいですから、ちょっと肩すかしをくらったみたいでガッカリです。

ただし、以下の舞台挨拶している動画を観ると、タイプ4やタイプ9らしい感じが見えますね。緊張しているのか。しゃべり上手には見えませんし、顔つきも一見おとなしそう。49だと間違えられるのも無理はないかと思います。私も以前にそういうミスをしたような…。

とはいえ、タイプ2で、大胆で羞恥心が少なく神経質では無さそうなので、ウイング1は軽い考えられます。なお、これだけでは納得できない人もいるかもしれませんので、他の情報を次回は取り上げる予定です。(つづく)

 
 

 


拍手[2回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】