そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1603] [1601] [1600] [1599] [1598] [1597] [1596] [1595] [1594] [1593] [1590]

★BIWAKOビエンナーレ2012
http://blog.livedoor.jp/watanukimon/archives/18452080.html
期間は、9/15~11/04 

近江八幡市の旧市街や東近江市五個荘地区の空き町家や商人屋敷等を会場に、国内外の美術作家70組以上が参加する国際芸術祭で、2年に一度、催されています。

近江八幡は趣のある落ち着いた街で、とっても好きな街です。

★死刑囚の絵展
http://www.another-tokyo.com/archives/50497006.html

1998年に起こった「和歌山毒物カレー事件」の林真須美氏の抽象画も展示されています。

獄中で使える道具は、シャーペン、ボールペン、色鉛筆、蛍光ペンぐらい。これらを組み合わせ、1枚の絵画に仕上げるようです。


異色の展示会ですね。

★NYで「血液アート」の展示会、自分の血を絵具代わりに
http://mainichi.jp/feature/news/20121005reu00m030002000c.html

ニューヨークの画家、ビンセント・カスティリアさん(30)の作品には、文字通り自分の血液が使われています。

★古道具その行き先 -坂田和實の40年-
http://blog.honeyee.com/mkatayama/archives/2012/10/03/40-old-folk-cra.html

1973年より古道具屋を営んでいる坂田和實さんが、これまでの人生で関わってきた数々の古道具の中から、美術館の空間に合うものを選んで展示するという美術展。場所は、渋谷区立松濤美術館

https://twitter.com/shotomuseum

上記にツイードされているところでは、かなり風変りな展示ですが、とても面白そうで興味をそそられます。以下に紹介されています。

http://ameblo.jp/artony/entry-11370479485.html
 


 

拍手[0回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】