そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1829] [1828] [1827] [1826] [1825] [1824] [1823] [1822] [1821] [1820] [1819]
当会では、生まれながらのマザコンタイプがいると考えています。

また、生まれながらのファザコンタイプもいます。父母のどちらでもありどちらでもない、いわばヒューマン・コンと言えるタイプもあります。

「コンプレックス」と言えば、一般的には劣等感のことだと考えられていますが、当会では文字通りに複雑な(コンプレックス)であり、「複雑な心理状態」を意味します。

しかし、これがなかなか難しいみたいです。しばしば質問されるからです。

たとえば、マザコンの対象者は実母ですが、育ててくれた叔母とか姉とか、長くともに暮らした姑との関係でも、そういうことはあり得るのか、という質問です。

マザコンとは、実母だけに対して起こる心理状態ですから、他の人たちに対して複雑になるなどあまり聞いたことがありません。

ファザコンも同様で、実父だけでなく、養父に対してもそうなるのか、という質問ですが、こちらもあまり聞いたことがありません。

しかし、人間関係が長く続くと、楽しく良いこともあれば、嫌なことにも出会います。誤解なども積み重なります。

また、義理とか恩とか利害関係なども絡み合ってきます。そうなれば「複雑な心理」と言えるような状態になる可能性は誰にでも有りえます。

ただし、ここで知ってほしいのは、「複雑な心理状態」というものがわかりにくく、事例をあげないと分からないみたいです。

たとえば、タイプ4はマザコンタイプですが、実母が自分を理解してくれない、いつも自分に過干渉で自分を支配しようとするので、ついには憎みだすことがあります。

しかし、憎みつつも本当は母親から愛されたい、自分の苦しさを母だけにはわかってほしいという思いが強くあります。

相反する心理が拮抗して、自分の中で戦いが続くのです。

しかし、そこから逃れられず、自分でも制御できずにおかしな言動をし出すことがあります。

また、矛盾したことを考えたりなどがあれば、当会の分析しているマザコンに該当します。

母親を憎むだけでなく、母親を追い求める気持ちが強すぎる、となれば、複雑な心理状態と言えます。

憎しみだけしかないのであれば、複雑とは言えません。

なお、人間の本性にある特筆できるものに、「子は、自分を産んでくれた親という存在を切なく求める」という傾向があると見受けられます。

そういうものが無ければ、マザー・コンプレックスでも、ファザー・コンプレックスでもありません。

ただし、養母(または継母)なのに、その事実を知らされずに、本人が実母だと思い込んでいたならば、養母(または継母)との関係でも、マザー・コンプレックス(母との関係で複雑な心理状態)に陥っていると考えます。

拍手[4回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】