そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[2267] [2266] [2265] [2264] [2262] [2261] [2260] [2259] [2258] [2257] [2255]



1年くらい前に、能年玲奈さんのエニアタイプは、タイプ4かもしれないと書いたことがあります。愛らしくて一見すると小学6年生かと思ってしまう、などと書いています。

通信受講生から、
タイプ4なのか「どうしても知りたい」というメールが届きましたので、上記動画を取り上げてみました。

これを見ると、能年玲奈さんは、どうも「ちゃんつげ」のほうが似合うみたいで可愛らしさ全開です。

しかし、緊張しているらしく、質問されたことになかなか答えられないでいます。

「緊張しているようには見えない」と思われる方もいると思うのですが、顔つきや目の玉がよく動いているのは、必死に回答しなければいけないと、思いめぐらしているからではないかと思うのです。

ある男性の「印象は?」と聞かれて、玲奈ちゃんは「ない!」などと答えています。先に、「無いなら無いでもいいよ」と言われたので、考えつかないので思わず「ない」と言ってしまったって感じです。

これは、最悪の返事だと思うのですが、愛らしさから、みながフォローに回ってしまっている。そして、返事のあまりの遅さに、「将棋の竜王戦やってるわけじゃない」と言われて、笑いをとってしまった…。

「優しそうって感じがします」とか、「何と言っていいかわからない」なとど、当たり障りなく言うとか、適当に流そうとしていません。

その後の返事でも似たようなもので、これでは「コミュニケーション下手」に入ってしまうかもしれませんが、緊張がそうさせているに過ぎないとも考えられます。

で、さらなる質問に対して、「私が話すテンポが遅いので、早くしゃべれと言われるんじゃないかと、怯えています」などと答えてしまいました。

ビックリですね。
玲奈ちゃんにとって、これらの男性たちとはよく知りあっているわけでなく、年長者で芸能界の大先輩です。新人であれば超緊張してしまうところです。

あまりの返事の遅さに、司会者から「将棋の竜王戦やってるわけじゃない」などと言われている、その後のことですから、本当に怯えていたのかもしれません。でも、ある意味、前代未聞です。

ここは、正直な気質の強いタイプ4から探すところです。ただし、まだ判定できません。決定的で核心的な情報とは言えないからです。

済みません。またなにか情報を得られたら取り上げますので、今回はこれでご容赦ください。


ところで、私自身は、人間関係で怯えたことなど一度も体験したことがありません。いじめられた体験はあるのに、どうしてなんでしょう? 不思議です。

「怖がる」と言うのはわかるのですが、「怯える」ということが、実はよく分かりません。あなたのほうはどうですか?

それに、「怖がる」と「怯える」はイコールなんでしょうか? ちょっと違う気がしますが?

玲奈ちゃんの公式ブログhttp://yaplog.jp/lp-n-rena/archive/1001


拍手[5回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】