そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[2433] [2432] [2430] [2429] [2428] [2426] [2424] [2423] [2422] [2421] [2420]
エニアグラムの受講生の多くはタイプ2w1で、たまにタイプ4とかタイプ9の受講生がいるくらいです。タイプ6やタイプ7の受講生もいますが、この20年間で数名に過ぎません。

タイプ3は一度のみで、タイプ1とタイプ5、タイプ8の3つのタイプは受講生になったことが有りません。他のタイプを知る機会が少ないので残念に思っております。

それでも、受講生たちの家族や友人、職場や学校や町内などにはタイプ2w1以外の人たちがいますから、そこでいろいろなエピソードを聞くことができます。そして、面白いエピソードを聞かされると、その多くがタイプ7である場合がしばしばです。

今回は受講生の友人のお話です。40代の仲良しの女性グループが4人で一泊旅行を計画したようです。タイプ判定もきっちりとしていますが、3人がタイプ2w1で、一人はタイプ7w6でした。

いつもこのタイプ7w6の女性が話題の中心にいて、みなを笑わせているようです。雰囲気がまるで久本雅美さん(タイプ7w6と判定済み)みたいだとか。なんと顔も少し似て、痩せ体型も同じらしい。

ところが、旅行予定の一週間前になって、タイプ7が自分の友人だというある女性を「参加させたい」と言いだしたみたいです。一同、顔を合わせて困惑したようです。

旅は、4人だとなにかと都合がよいものです。電車やレストランなど座席のワンボックスを4人で占められるとか、ホテルでは二人部屋を二つ取れ、バスならば二人ずつ隣り合わせでおしゃべりできます。

ところがタイプ7は「迷惑かけないから、お願い!」と懇願するのだとか。「今頃になって、なんなんよ!」と友人は不満タラタラらしい。この女性(タイプ7)はいつもは従順でみんなの意見に合わせる人なので、理解できず真の理由を知りたい、ってことになったようです。

真の理由は、たとえ講師であっても正解が出せるというものではありません。しかし、タイプ7が一人で、残りの3人がタイプ2w1であれば、ある程度の見当はつきます。

タイプ7は「女性を強く意識するタイプ(837)」です。女好きで、マザコンタイプですから、2w1のようなお母さん的な雰囲気を漂わせて、包容力があり、世話を焼いてくれる女性を好む傾向があります。しかし、同時に女を怖いと感じやすく、間近では緊張もします。

孤独を怖れる傾向もあります。その2w1が3人も居れば、圧倒されるので従順にもなるでしょう。相手が男3人ならば、そうはならないかもしれません。

たぶんなのですが。旅は一緒にしたい。自分だけ取り残されるなどは耐えられない。が、女性たちとずっと一緒にいるのは疲れる。女性たちとおしゃべりに興じたいが、せめて夜は、気を使う人もいない一人部屋で、ゆっくり過ごしたいのではないでしょうか。ちなみに、そういう状況に置いては人は誰でも知能犯的になるものです、とも。

後日、報告がありました。タイプ7の女性は一人部屋を強く希望したということです。そして、座席予約まで彼女が手配して、予定通りに4人から離れた席を自分の席にしたという。

楽しむことに関しては貪欲なので、どこそこの見学、買い物はどこがいいなどキッチリと計画を立てたようです。その手のことでは骨身惜しまずやってくれる人と言えます。

報告を聞いて、みんなで爆笑しました。他の人の「動機がわかれば怒らないで済むんですね」と。嬉しそうなみんなの顔をみて、私もニンマリです。

 

拍手[7回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】