そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1818] [1817] [1816] [1814] [1813] [1812] [1811] [1810] [1808] [1807] [1806]






『ナポレオン言行録』
には、ナポレオンのウイングがわかる情報が少しあります。

ナポレオンに仕えた秘書メヌヴァルが、ナポレオンが口述したことを書き取っていました。

「ナポレオンは再び全てに目を通して訂正をするなどして、小心で疑り深いところがあった」

(ナポレオンの)口述は果てしなく、他の幕僚たちも代わりをするが、へとへとにさせられ、鉄の肉体を持っていなければ堪えられないくらい」
であったようです。

かなりのワーカホリック(仕事中毒)です。

著者曰く「ナポレオンはその協力者たちに対して苛酷であり、無理な要求をする自分は協力者たち以上に働いているから、そうする権利があると思っているのである」

上記と、筆まめなことから、ウイングは7なのではと予想します。なお、ウイング9は少しのんびりと穏やかで、筆まめにもなりにくい傾向があります。

ところで、30年以上前にバイトしていた会社の社長は、タイプ8w7です。

バイトしている人間でも、24時間全てを差し出さねばならないような、そんな過酷というか緊張を強いる会社でした。

バイトでしかないのに、休日も会社に呼ばれます。行くと全員女性です。男性はちらほら後方に立っていることもありましたが。

こういう会社はめったにないだろうと思います。大抵女のほうが後方に退いています。女性たちのなかに名指しして意見を求められることもあり、男の社員はまるで気にせず、女性社員に対しての期待が大きいことはすぐに見て取れます。

毎日のように社長は演説をぶちますが、しばしば口述することを書き留めよ、と求められました。

書きとめたことは頭に入りやすかったと言えますが、書いた字がうまく書けているのか確かめられることもありました。

汚い字なのか、達筆なのかも見ていました。神経質です。そのうえ、この文章を全員で声を出して読むことまで求められました。

一体全体この会社はどういうところなの? と、よく思ったものでした。

そして、「自分は満身創痍だ」としばしば言います。いつも緊張感を漂わせて、あれこれ指図したり諭したり、24時間、仕事のことか、女性社員のことを考えていたのだろうと思われます。

さて、ナポレオンが語ったことです。
「私は人間の心を持っている。私は虎から生まれたのではない。あの女(ジョゼフィーヌ)が亡くなったら、私は再婚するだろう。そして子どもを持つことができるかもしれない。だが、あの女を不幸にしたくないのだ」

ちなみに、バイト先の社長は、虎みたいな男だとよく言われていました。そして、体に比べて顔が大きく、耳も大きく、声も大きく遠くまでよく通りました。

ナポレオンも誰かから虎みたいだと言われたのではと思うのです。顔も大きいほうだと思います。

ちなみに、日本の歴史上人物にも、虎のようだと見られていた皇子がいます。のちの天武天皇です。タイプ8ではないかと予想しております。その当時は「
大海人皇子」という名です。

剃髪して都落ちして吉野に移り住んだおり、見送った舎人たちが語ったことが、
「翼のある虎を野に放したようなものだ」

http://www.asuka-tobira.com/jinshin/kantan.htm

(ただし、タイプ8の全員が顔が大きいとか、虎のようだとみられることはないと考えています。このようなことを書くと、タイプ8はみなそうだと受け取られることが多いので、あえて書き添えています。)

なお、キリンの首が長くなったのと同じで、虎の顔が大きくなったのは、他を「威圧する」ためではないかと考えています。

ライオンや象など顔の大きな動物たちは、百獣の王などと呼ばれており、威圧感では他を圧倒しています。

人間も、9タイプの中ではタイプ8が最も強くなりたがる、誰にも敗けられない、という欲望が強い気質です。
http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/active/page15/15-1~/15-6.htm

顔も大きくなってしかるべきだと思うのですが、あなたはどう思われますか? 

ちなみに現代では「小顔」が好まれているようですが、「小顔」はとりあえず全タイプにいますが、比較的、怖がりな防御タイプ(714)に多いように感じられます。

また、タイプ8は、声の通りもよく、遠くまで声が届くだろうと予想しております。

語尾がはっきりしないとか、小声とか、ぼそぼそとしゃべる人間が、「自分は強くあらねばならない」というネバ人間だとはとても思えません。

というよりも、顔つきよりは話し方、声の出し方のほうが、タイプらしさがより出ます。

最近はテレビに登場していませんが、細木和子さんもタイプ8w7と判定しています。

上記のバイト先の社長は、細木さんを男にしたというくらいに似ています。顔自体も大きいが、むろん、態度もデカイ! 

話し方もわかりにくいことはなく、ズバリで、要点よくしゃべる女性です。日頃は男言葉を使っているようです。

ところで、もしかしたら、大海人皇子もデカイ顔をしていたかもしれない、などと、そんな想像までできるので、エニアグラムは面白くて止められません。

天武天皇のことを詳しく調べて、タイプ8なのかどうか明らかにしたいと思っております。いつになるかわかりませんが…。

拍手[5回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】