そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1814] [1813] [1812] [1811] [1810] [1808] [1807] [1806] [1805] [1804] [1803]
★徳富蘆花 『謀反論』
http://www.aozora.gr.jp/cards/000280/files/1708_21319.html

一部のみ転載

「諸君、幸徳君等は、時の政府に謀叛人と見做されて殺された。が、謀叛を恐れてはならぬ。謀叛人を恐れてはならぬ。自ら謀叛人となるを恐れてはならぬ。新しいものは常に謀叛である」

明治44年2月1日 第一高等學校で講演されたもの。芥川龍之介らも聞いていたとか。

☆徳富蘆花のヒット作品 『不如帰』も読めます。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000280/files/1706_44742.html

『不如帰』(ほととぎす)はベストセラーとなり、主人公の二人
浪子と武男」という曲も巷でよく歌われたようです。

そして、その歌を口ずさんでいた我が母のことも思い出してしまい…。

浪子と武男」という曲 伊藤久男・赤坂小梅

http://www.youtube.com/watch?v=sWdwUHG5Zuo

拍手[2回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6
8 9 10 11 13
16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】