そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1837] [1836] [1834] [1833] [1832] [1831] [1830] [1829] [1828] [1827] [1826]


今日、外出先でコーヒーを飲み、朝日新聞を広げたら第一面に、「ユニクロ柳井会長が世界同一賃金を導入する」とデカデカと載っていました。


なぜ、こんな記事が第一面なのか理解できません。朝日新聞の購読をやめていてよかった、と再確認したところです。


★「年収100万円も仕方ない」
http://www.asahi.com/business/update/0423/TKY201304220465.html


かいつまんで言えば、こういうことらしい。


ユニクロでは柳井社長はランク1位で年収4億。最下位は年収100万円で、中間を無くして世界同一賃金にする、ということらしい。


つまり、ほとんどの社員は年収100万円の安月給に抑えられるということ。そして、一部の人間に望みを与えて、死ぬ覚悟で働け、と言っているのです!


柳井社長いわく、「グローバル経済というのは『Grow(グロウ)or(オア) Die(ダイ)』(成長か、さもなければ死か)。非常にエキサイティングな時代だ。変わらなければ死ぬ、と社員にもいっている」

ついでに、
「柳井正は人として終わってる」という記事も見つけました、以下。

★「柳井正は人として終わってる」
休職退職の新卒社員が語るユニクロの人材使い捨てぶり
http://www.mynewsjapan.com/reports/1734

世界に冠たるブラック企業ですね。ユニクロの不買運動をしたいです。もう決して買いません。

でも、ちょっと変です。ユニクロの服は年収100万円の人たちが買うでしょうか。結構高いと私は思っています。リサイクルショップとかフリーマーケットで買ったほうがお得です。

一方、年収4億円の人なら絶対買わないと思う。この戦略を続けたら、ユニクロは自滅するかもしれないなどと想像して、
I am excited!です。

こんな経営者が増えたら、兵庫の小野市が作った条例にあったように、
生活保護受給者がパチンコなどに行くと密告されてしまう、という、情け容赦のない社会がすぐに来そうです。

実際、働かない人に厳しい社会になりつつあります。

… 
弱者や無能者は生存ギリギリの生活をするしかないのでしょうか。競争に負けたら死ぬしかないのでしょうか。

働かないでブラブラしている人がいてほしい、と私なぞは心底、思っています。

怠けものが一人もいない社会は、息苦しくて生きて行けないような気がします。

みんなが競争心一杯で、意欲的で、明るく元気でハキハキして、知能指数が高くて、敏捷性があって、よく気が付いて…。

周囲を見わたすと健康オタクばかりで、休憩時には一斉にジョキングする…、

そんな社会になったら、怖くて生きていられないような気がするのです。

ついて行けません。それに生理的に嫌です。

善人も悪人もいて、無能な人や優秀な人もいて、必死に働く人や適当にやり過ごす人や、生真面目人間やグータラ人間がいるっていうのが、人間社会の正常な姿ではないかと思うのです。

そして、逃げ場がない社会は、どこかおかしくなるような気がします。

自殺者はむろん増えて、社会はよりいびつになり、テロが頻繁に起きる…、

ユニクロ社長、自分のことを賢いと思いこんでいるだろうが、社会を破滅へと導く加担者だとも認識できない、ただの阿呆に過ぎないとわかりました。

拍手[14回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】