そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[2241] [2240] [2239] [2238] [2237] [2236] [2235] [2234] [2233] [2232] [2231]
前回に引き続いて、当会の「エニアグラム理論と遺伝」について、考え続けていたものをご紹介したいと思います。

まず、女性は胎児期から卵巣に約700万個蓄え持っていますが、思春期頃までに減少して生殖年齢のころには約40万個くらいになるそうです。成熟して排卵されるのは、そのうちたったの400~500個らしいです。

その500個の卵子が毎月ひとつ子宮上部に降りてきたとして、その卵子にあるDNA
Bあれば、369の3つのタイプのどこかになるはずです。

   A   B  C
  8 ・ 3 ・ 7
  2 ・ 6 ・ 1
  5 ・ 9 ・ 4

男性のほうは、1回に射精する精液は2~5億個もありますが、子宮上部に辿り着ける精子は100個くらいで、そのうちの一つの精子が卵子に突入できるだけです。

ちなみに、こういう事実、つまり、私たちが過酷な生存競争によって生まれ出たのだと思うと、私が私であることを誇らしくなったりしますよね。

そうして、卵子に突入できた精子が
であれば、594の3つのタイプのどこかになるはずです。つまりは、受精卵はB型ですから、その子の気質はタイプ9となります。

ただし、複数の卵子が同時に受精することがあります。たまたまBCの卵子が、の精子と合体したとすれば、B型とC型のDNAを持つ子どもが生まれて、それぞれにタイプ6とタイプ4の二卵性双生児になります。

 

1個の受精卵が発育の途中で2個に分化することもあります。その場合、たとえばA型の受精卵が分化したならば、一卵性双生児となり、二人ともタイプ2の気質になります。

ところで、兄弟姉妹のエニアタイプが違うことはよくあります。それらも上記のように考え方ならば、うまく説明できます。事例を少しご紹介します。

1
例…ある家族は、母親(4w5)で父親(2w1)です。子どもが4人います。長男(2w1)、長女(2w1)、次男(4w5)、三男(7w8)です。両親とはまるで違うタイプの子どもが生まれましたが、叔父に7w8がいたと聞いております。

2例…ある家族は、母親(9w1)で父親(5w6)です。子どもは長男(2w1)、次男(2w1)で、三男(9w1)、長女(6w5)です。

タイプ5の父親に似た子はひとりも生まれず、両親とは違うタイプの子が3人も生まれています。タイプ5はまずめったに出会えないタイプですが、ここからもタイプ5のDNAは少なそうな気がします。

そして、この長女(6w5)が結婚して、夫(父親4w4)との間に生まれた子は、長男(4w4)と次男(2w1)でした。

3例…母親(9w8)で父親(7w8)です。子どもは長女(7w8)、次女(2w1)です。

たくさんの家族のタイプを判定していくと、タイプ2w1とよく出会います。このように、多くの家庭に2w1が生まれているようです。多数派ゆえ当然だろうと考えられます。

なお、
私の実家には2w1は一人もいないのですが、どうも聞くところによると、3歳くらいに亡くなった私の姉に当たる女児は2w1らしいのです。(注・乳児でも気質はクッキリと出て判定できます)

でも父親のほうの親戚には2w1が結構いますから、叔父か叔母からのDNAが甥や姪に出た可能性があります。

さらに、両親とはタイプが違うが、祖父や祖母などと同じタイプの子どもが出ることもよくあります。

まだまだ続きます。

拍手[4回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】