そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238]

  引き続き、Wikipedia(青字)の情報から性格タイプ(=気質)を絞ってみましょう。

 
1981年頃、ポールとはプライベートで一緒になることが多く、2人ともアニメーションが大好きで、一緒にたくさんのアニメを見たとマイケルは語っている。

 
ポール・マッカートニーと親交があったようです。ポールについては既にタイプ4と判定しています。同じタイプであれば意気投合しやすいものですが、それだけでは判定材料にはできません。

 当会では、可能性の低いタイプを先に消していくという消去法を先に用います。それゆえ、 「
アニメーションが大好きでたくさんのアニメを見た」というところは、3つのタイプ(5・8・9)の可能性が低くなるとみます。

 大人タイプ(9582)の中でも、とりわけ大人びた気質ゆえ、少しくらいならアニメを見るかもしれないが、これでは可能性が低いと考えます。

 
1982年8月頃、クインシーによると、この頃彼は相当の恥ずかしがり屋で、レコーディング・スタジオでも、灯りを消してソファの向こうでしか歌おうとしなかったと語っている。そうしてできあがった「スリラー」は、アルバムの売り上げの世界記録を更新した。

 
マイケルは、1966年に「ジャクソン5」としてデビューし、1971年にソロデビューして、コメディ番組にも出演しています。デビュー後15年も経ち、レコーディングも始めての体験ではないのですから、この羞恥心の強さは異様に感じられるほどではないかと思います。

 これくらい恥ずかしがり屋であれば、防御タイプ(1・4・7)と絞ります。当会では、以下のように分析していますが、3グループごとの羞恥心の程度の差は、かなり大きいものです。

羞恥心がかなり強いタイプ‥ 7・1・4
羞恥心は少し強いタイプ ‥ 3・6・9
羞恥心は少ないタイプ  ‥ 8・2・5 
 
 たぶん、これは他のエニアグラム理論にはないもので、他の性格類型論にも、各心理学の理論にも見当たらないものです。羞恥心の強さというものは生まれながらに備わったものと考えています。それゆえ、性格タイプ=気質と解いています。

 さて、テレビニュースで幾度も「スリラー」を歌い踊っているマイケルの姿が映し出されています。そんなにも恥ずかしがり屋さんがしていたことなのかと、驚いたり意外に感じる方は多いのではないでしょうか。

 なお、二回で判定を終わらせるつもりでしたが、そうもできませんでした。この続きは次回に!!
 
 

拍手[2回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】