そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[2794] [2793] [2792] [2791] [2790] [2789] [2788] [2787] [2786] [2784] [2782]

拝啓 スギモト様。

 
10月20日に、タイプ判定のご依頼があり、ご入金もされておられると思います。こちらのミスで、メールを消去してしまった恐れがあります。

 または、スギモト様のほうで、もしもタイプ判定のための情報を、当方にはまだ送られていないのかもしれませんが。そうであれば届くのをお待ちしています。

 済みませんが、ご連絡の方法が他に無くて、こちらでお知らせすることになりました。失礼かとは思いましたが、お察しください。至急に、ご連絡を頂ければと思います。よろしくお願い申し上げます。                                          
                                              
竜頭万里子より
 
                      
ryutou-m@he.mirai.ne.jp

拍手[0回]

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
5 6 7 9
11 12 13 15 16
18 20 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】