そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [318] [317] [316] [315]
小沢幹事長の元秘書で衆議院議員の石川知裕容疑者が逮捕されたというニュースが21日にありました。以下です。

「小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」が購入した都内の土地をめぐって、東京地検特捜部は、土地の原資となる4億円を収支報告書に記載しなかったなどとして、石川知裕ら3人を逮捕した。取り調べに対し、石川容疑者が、「報告書については小沢先生の了解を得て提出した」と供述しているとわかりました。しかし、報告書にウソの記載をしたことについては、「小沢幹事長には報告していない。独断でやった」と供述している」

小沢一郎国会議員に承認を受けずに、秘書が独断でやるなど本当なのでしょうか。ちなみに、彼のエニアタイプはタイプ8w7です。お父さん気質、または独裁者タイプと名づけています。
http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/static/page05.htm


上記にある「タイプ8の基本的な性格」として次のように載せています。「仕切り屋になり他人に支配的になりがち・自分に逆らう人間には手厳しい・情報を重視する」

また、私事ですが、20年以上も前のことです。2ヶ月くらいバイトした会社の社長が、8w7と判定できる男性でした。

奈良法隆寺の大仏のような顔つきというか、福耳でもあり、細木数子さん(8w7と判定済み)を男性にしたような方です。この社長は、パートで数ヶ月間だけ働く掃除のおばさんでも、その身元や家族構成などもしっかりと把握していました。

全ての情報が自分に集まるようにしており、社員の動静を探るスパイみたいな女性も配置していました。それで社長不在で気の緩んでいる時に、誰かが批判を口にしたりボヤクと、夕方には社長に筒抜けです。

そんなふうですから、職場でおしゃべりする人が一人もいなくなります。無駄口も叩きません。働き始めた当初から、なにか異様な雰囲気を感じて、いつも緊張していたことを覚えています。

また、ある社員が、些細なことなので、社長の許可を得ずに仕事を進めたことがあります。社長は激怒しましたが、怒り方が冷静で、しかも迫力がありました。


「こんな男性がこの世にいるのか!」という感じです。一生忘れることはないでしょう。エニアグラムを知ったばかりの時に、「タイプ8とは、あの人のことだ!」と直ぐに思い出して判定できるほどの典型的な男性だったのです。

上記と同じ日のニュースにも関連したことが載っています。
小沢氏の金庫番として大久保被告の前任者だった元政策秘書、高橋嘉信・元衆院議員は、昨年12月に大久保被告の初公判を傍聴した後、記者団にこう語った。“秘書は細部にわたり、すべて小沢先生の命令に従っているだけだ”」

なお、石川知裕容疑者は、「小沢先生」に命じられなくとも、また、打ち合わせなどもせず、「(自分は)独断でやった」と、供述されたのではないかと予想するのですが

拍手[4回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】