そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

学校法人「加計学園」の獣医学部設置をめぐる問題で、前川喜平文部科学省前事務次官がFNNのインタビューに応じた。(全録)6/02

★10/13前川喜平さんインタビュー「衆院選は加計森友隠しの安倍政権に審判下すチャンス
http://blogos.com/outline/252253/

拍手[0回]

前回まで見てきた結果として、ビートたけしさんはタイプ7と判定できました。「★女性を強く意識タイプ(837)」と絞りました。さらに天邪鬼な気質が著しくて、3つのタイプのなかではタイプ7のみによくある傾向です。また攻撃性は強そうですから8のウイングとなり、タイプ7w8と判定できます。ただ、これだけでタイプ7だと絞るのはちょっと無理があるかもしれないので、次のことを取り上げています
http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/static/theory5.htm

拍手[5回]

長崎生まれの日系人カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を受賞したという報道を見たところです。イシグロさんは日本生まれでも、5歳の時に父親の仕事の都合で家族で移住して英国育ちです。日本語はほとんど話せない英国籍なのですから、この場合、「日本人の快挙」だとメディアが大きく取り扱うのって、ちょっと変だなと思いませんか。

それに、なにかで活躍した人の国籍など特に書く必要もないし、明らかに日本人だとしても、それを我が事のように喜び自慢する日本の国民性というか風潮って、私からは恥ずかしいことで違和も感じます。

拍手[2回]

前回までで分かったのは、ビートたけしさんは、女好きで、「女性を強く意識するタイプ(837)」の可能性があることです。そして、彼の著作『女は死ななきゃ治らない』(Aとする)『それでも女が好き』(Bとする)2冊を読んでみました。

内容的には、「
ツービート」という名の漫才コンビとしてやっていたこととほぼ同じです。女性に関するものと性の話題が多くて、しかも毒舌的で、読者を笑わせ楽しませることを狙っています。女好きであることも当然にしばしば出ていますが、女性批判もたくさん載っています。ですから、「女性を強く意識するタイプ(837)と絞れます


拍手[3回]


山本太郎議員。選挙で生き残るためとはいえ、自らの信念や政策を曲げることを潔しとしない。
29日、新宿西口

★山本太郎「小池新党の踏み絵は踏めない」

太郎さん、やっばり政治家として立派な人でした。

こんな時期に、うろちょろする人間は、信念などない政治家になどなるべきではないと、私は思っている。

拍手[2回]





★小池新党と“同名”の偶然 映画「希望の党☆」監督に聞いた 
9/28
  動画、全20分

12年前に僕が作ったショートムービーを日本の政界が後追いしてるみたいなんだもの」 こう言うのは映画監督の金子修介氏だ。物語はこうだ。

主人公はごく平凡なサラリーマン。翌日に国政選挙を控え、“大事な選挙だから”と娘から投票を勧められるが、どうせ誰に投票しても世の中変わらないと棄権してしまう。ところが、選挙の結果、過半数を獲得して政権を握ったのが「希望の党」なる政党。誰も注目していなかったのに、若者世代の圧倒的な支持を得て、次々と斬新な改革に着手していく。

動物虐待に重罰、痴漢は死刑。3年間、選挙に行かなかった国民からは選挙権を剥奪、その代わり、選挙権を高校生にまで引き下げる……。「冤罪というリスクを冒しても犯罪者を許さない」と勇ましい党首に熱狂していた国民だが、次第にエスカレート。ある日、徴兵令が敷かれ、娘も戦場に……。

拍手[2回]

いつものように、ウィキペディアを参考にしようと読んでみたら、逸話だと言えるようなものでもタイプは絞れませんでした。たけしさんの気質がよく出ているのは、「フライデー襲撃事件」ぐらいです。この事件は、たけしさんが付き合っていた女性に係わったことから派生したもので、これくらいでは「女好き」とまでは言えません。当会では量的なことを重視しており、それで判断しているからです。

量を把握すればわかる

しかし、以下にあるように、妻がいるのに、他の若い女性とつきあっていた(39歳の頃)のですから、多少は女性好きなところはあるのかもしれません。それで他のところを探してみました。芸能人のデータベースにありますが、女性にまつわる箇所だけ転載させてもらいました

拍手[1回]


疑惑にまみれる、建設中の加計学園獣医学部前で、アピールする山本太郎参議院議員の動画です。
9月23日に、加計学園獣医学部のある愛媛県今治市で、抗議のデモ行進が行われ、山本太郎参議院議員も市民とともに声を上げました。

拍手[2回]

ある日、どのチャンネルを見ても北朝鮮の核実験を取り上げていた。なんだか、いやな気分でした。北の脅威を煽れば、アベの支持率は高まり、カケ・モリ追及をそらすことができる。さらに逃れるべく、アベは衆院の解散も目論んでいる…。

そして、アベ以上にあきれるのは、トランプ政権だ。北朝鮮の核開発に厳しい姿勢を見せているが、それならアメリカ自身が、まずは核兵器の廃棄を少しでも世に示すべきではないか。アメリカの持つ核兵器で世界中を破壊できると聞いている。

で、どれほど核実験をしてきたのか知りたくて調べてみたら、以下のサイトが見つかり、改めてビックリ。北朝鮮を非難する資格があるのかと。


拍手[3回]


「批判もする友人"Critical friend" 」
本日(9/21)の朝日新聞の「私の視点」に藤田早苗さん(英国エセックス大学人権センターフェロー)の寄稿。「国連特別報告者 人権、友人として提言」が載っています。

デジタル版

藤田早苗さんが撮影し、字幕(和訳)をつけた、<「プライバシーの権利」に関する国連特別報告者カナタチ氏のビデオメッセージ>
「特別報告者は必要な時は批判もする友人」2017630日収録。是非ご覧下さい。

上記のもの、及び関連する記事は、「日本の表現の自由を伝える会

 

拍手[0回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8
10 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】