そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[125] [124] [123] [122] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114]

  昨夜から今朝にかけての豪雨はすさまじく、また雷が光ると一瞬!昼間のように辺りを照らし出していました。これほどのものは未体験です。ゲリラ豪雨は地球温暖化と関係があるのでしょうか?

 なお、幸いにもこちらは無事でしたが、この豪雨で被災された方々にお見舞い申し上げます。一日も早い復興と心のケアを望んでやみません。

 ところで、
7/21のブログで次のように書いています。「他人だけでなく家族にも殺意を抱いたことがある人がいたら、それは割合として何%になるのか、ぜひとも知りたいものです」

 何と! 知りたいことが8/11の産経新聞に載ったと教えられました。それは、大阪大大学院人間科学研究科の藤田綾子教授らの調査結果で、以下です。

「親に殺意を抱いたことがあるとする回答は、高校生28%、大学専門学校生35%。頻度はいずれも「1、2回」「ときどき」の順で多く、「よくあった」は全体の約3%。一方、友人に殺意を抱いたことがあるとの回答は高校生、大学生ともに33%」

 およそ3割という数字はなんとなく妥当な気がします。ですが学生ではなく、派遣社員やパートだったなら、数値は高くなるのでしょうか。老人ならばもっと多くなるのでしょうか、それとも少なくなるのか? 収入によっても違いはあるのか、それも知りたいところです。

 社会階層の格差が拡大すれば、下層にいる人たちは差別されたり、舐められたり、プライドが傷つけられることが多くなるのではないでしょうか。また、人としての尊厳を保てない生活に立ち至り、精神状態はより不安定になります。それゆえ殺意を抱く確率も高くなる‥。

 また、殺意を自分に向けていると考えられる「自殺者」が多いことが気になります。上 記とよく似た傾向はあるのかと探してみましたが、やはりあるみたいです。無職(主婦は入らない)の人がトップです。常に女性より男性のほうが多く、また、常に青年より老人のほうが、格段と自殺者が多いのです。

 また、「殺意」についての調べでは、性別がわかりませんが、男性のほうが多いのではないかと予想します。つまり、不安定型が男性で、かつ暴力的になりやすいのも、女性よりは男性のほうだと考えられるためです。また、老人の凶悪事件も増えていますが、肉体的にも精神的にも不安定で、さらに経済的にも不安定な世代ということになるのでしょうか。

 最近の気候を見ると、不安定なことが多く、人類に殺意を抱いているのかと思うほどの猛威をふるっています。世界経済も不安定度が高まっているみたいに見えます。一体、私たちはどこに向かっているのでしょうか? 今夜も寝付けなくなりそうです。

拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6
8 9 10 11 13
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】