そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1756] [1755] [1754] [1753] [1752] [1751] [1750] [1749] [1748] [1747] [1746]
小熊秀雄 作 『口が裂けてしまつた』 


トンボは羽を押へられれば

動けないし

人間は口をふさがれれば

くるしいのだ、

わたしはさうして苦しんでゐる

サーチライトの

光りの中で

私の心も肉体も

あいつらの弾を存分に浴びた

私の口は裂けてしまつた

私の口はもう人間の口の

大きさを越えた

天と地とを併呑する

自然の大きさに裂けてしまつた

悪魔の口をふさぐ神はゐない

歌ふ口をふさぐほど

大きな手は何処にもない

私が歌つてゐるのではない

自然が歌つてゐるのだ

私が歌つてゐるのではない

君等が私に歌はしてゐるのだ

そして地球の上を歩るいてゐるのではない

わたしが玉乗りのやうに

地球をまはしてゐる

危険な曲芸団に

身を投じてゐる

あゝ、ぐでんぐでんに酔つぱらへ

私の言葉よ


★ 小熊秀雄さんは、1940年に亡くなられています。39歳でした。

『焼かれた魚』という作品を知って惹かれるようになりました。

こちらのサイトに載っています。
  ↓
http://pippo-t.jp/newpage306.html

小熊秀雄全集
http://onedaywalk.sakura.ne.jp/aozora/oguma/



拍手[3回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】