そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1804] [1803] [1802] [1801] [1800] [1799] [1798] [1797] [1796] [1795] [1794]
彼らの思惑通りに動くのです。金と権力を持っている人たちのやりたい放題な国です。

アメリカ同様に、日本もまた成り下がっていたのです。

ついに国の核融合科学研究所の重水素実験に同意すると、岐阜県内の3つの自治体が表明しました。

重水素実験:岐阜の3市同意 核融研と協定締結へ
 
http://mainichi.jp/select/news/20130323k0000m010166000c.html

以下に一部のみ転載
(青字)

多治見市の古川雅典市長は同日の記者会見で同意を表明、「総合的に民意の判断をした。首長として大きな責任を負う」と。多治見市が実施したパブリックコメントには1421件の意見が寄せられ、うち実験に肯定的な意見が58%、反対が41%だった。

パブコメの結果については以下に詳細が載っています。
http://www.city.tajimi.lg.jp/gyose/kocho/pub
liccomment/documents/kakuyukenpubkaito.pdf


住民の多くは重水素実験の実態をまだ知っていない状態です。

無知なままで知ろうという意識も意欲もない人たちはいつもどんな時にもどの国も多いだろうと思います。

積極的に知らねばと意識になっている人たちだけが、実験の怖さを知りますが、大抵一部の人たちに限られてしまうのです。

まして、パブリックコメントを出す人は奇特な人なのではと思います。

しかしながら、パブコメの意見集約は公開上ではありません。立会人がいません。

ですから民意が「実験に賛成だった」のかどうか怪しいと見ています。

それに使われる金は、2012年度だけで438,000万円です。これまでも1521億円もの税金が投入されました。

また、世界中にある核融合プロジェクトに参加しているので、すでに440億円も負担しています。

実現性の無い実験に、途方もないほどの国民の金が投入されています。

つまり、私たちの負担したもので、私たちが被害を受けるのです。

私たちの権利も自由も健康も安心も、すべては彼らの采配によっているのです。

★夢のエネルギー? 核融合発電 
巨費投入も実現遠く 2月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013020702000156.html

拍手[4回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6
8 9 10 11 13
16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】