そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[188] [187] [186] [185] [184] [183] [181] [180] [179] [178] [177]

  パレスチナとイスラエルに関する本や記事を読みだすと、よく頭の中が混乱します。それは私だけではないように感じるのです。たとえば、「あの地域はごたごたが続いていて、なにがどうなっているかサッパリわからない!」というような感じです。

 米国を気にして大統領就任式前にイスラエルが一方的に停戦したことになっています。しかし、その後も報復したりされたり。ハマスがロケット弾を打ち込んだ! それに対してイスラエルも報復した! 等々。まるで延々に続くみたいに感じているのではないでしょうか。

 そんな具合で、「どちらもどちらだ」とか、「彼らのことは彼らに任せるしかない」などと多くの人たちが困惑して、終には関心を寄せなくなるのです。面倒なことから逃げたくなる心理が働いているみたいにみえるのです。

 また、事態が複雑にみえるので理解したいという気持ちが萎えてしまうように感じます。多くの人々に、そんな気持ちが蔓延しているとしたら、それこそは最も恐ろしいことではないでしょうか。「不況」も人々の心を冷え込ませています。
 
 さて、パレスチナの現状をうまく伝えられないので、どこかに分かりやすいものはないかと探していたら、以下のウェブサイトが見つかりました。①はあまり見かけない視点からガザに住む人たちの気持ちに肉薄できるものです。②も興味深いサイトです。 ③写真はとくに訴える力があるものを探してみました。あまりにも惨いので正視できないかもしれませんが、がんばって見ていただきたいと思います。

①もし、東京がガザだったら
http://0000000000.net/p-navi/info/column/200410161947.htm

②飛び地領土研究会
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/middleeast/gaza.html

③ガザの写真。
http://www.elfarra.org/gallery/gaza.htm

http://picasaweb.google.com/tigrimpa/wLVhCF#

拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6
8 9 10 11 13
16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】