そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1942] [1941] [1940] [1939] [1938] [1937] [1936] [1935] [1934] [1933] [1932]

 


今年の4月、ジュネーブにて80カ国が賛同した「核兵器の非人道性を訴える共同声明」に、日本は参加しませんでした。

日本は世界唯一の被爆国です。この共同声明は南アフリカなどが提案したものですが、日本こそ提案国になるべきでした。

率先して世界中の国々に参加を即す立場であるべきです。

それに対して、長崎市長は、「世界の期待を裏切った」と述べています。

しかし私からすれば、世界中から物笑いにされるような恥ずかしいことです。

親分であるアメリカに従っているのか、あるいは核保有国になるつもりなのか、どちらもあると思うのですが…。

ごく当たり前のことを宣言しているだけだと思うのに、その当たり前が通らないのです。

被爆国としての毅然とした態度がとれないとは、なんと情けない国なのでしょうか。

それで思い出しました。

かつて、共産党が原水爆禁止運動において、「いかなる国の核実験に反対」という考え方に異議を唱えたために、組織が分裂しました。

50年前のことで、原水禁と原水協とに分かれました。つまり「ソ連の核実験には反対しない。社会主義国は防衛目的だから」というものです。

私がそれを知ったのはずっと後のことですが、核実験による被爆と恐ろしい環境汚染を考えれば、いかなる国であろうとも反対するべきだと思いました。

それに関して共産党は過ちだと認めていません。今回の選挙で党勢拡大しましたが、過ちを認めないとしたら、自民党と同じ体質です。

いや権力者はみな同じで、過ちを認めるなどあり得ないみたいです。

共産党は、一見すると正義漢ばかりいるように見えますが、その体質を変えない限り、これからも政権を担うような政党にはなれないだろうと予想しています。

なお、もっと最近のことであれば、イラク戦で日本はアメリカに従い加担したことを思い出します。

あれから10年も経っていますが…。

開戦の理由は「イラクは大量破壊兵器を持っていて危険だ」からというものです。しかし、大量破壊兵器は見つかりませんでした。

日本政府が加担を決めたのは大きな過ちです。

誰が見ても過ちだと断言できるようなことです。

がしかし、過ちだと認めるような発言は野党でもそれほどはいませんでした。

政治というものは、駆け引き算盤を使うもので、汚いもの、信頼できないものだと感じて、多くの人たちが政治には期待できず、見放したように見えます。

そんなですから、政治離れが進んで、選挙の投票率は年々低くなるしかないのだろうと思うのです。

なお、以下のサイトのなかに、「この長崎平和宣言に賛同される方は、右のクリックボタンをクリックしてください」とあります。

賛同者数を調査しているのだそうです。むろん、私もクリックしています。

★平成25年長崎平和宣言の全文


http://www.city.nagasaki.lg.jp/peace/japanese/appeal/

拍手[1回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6
8 9 10 11 13
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】