そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280] [279] [278]

さくらさんのエッセイ「ひとりずもう」(小学館)でも、「男性を強く意識するタイプ=. 男性コンプレックスに陥りやすい261)」だとわかる文章が見つかっています。

「ほとんどの女の子は、かなり小さい頃から男子の事を軽べつしている。男子はホントにバカだ、くだらない、だらしない、関わるとろくな事がない、と思っていたが、その辺に男子がウロウロしていると、ついついからかいたくなってしまい、結局私は小学校の頃からけっこうよく男子と遊んでいた。弱目な男子をからかいすぎて泣かせてしまい、面倒くせえなと思いながら、ごめんごめんと100回くらいあやまったり‥、それでも面白かった」

男子をバカにしたり軽べつしながら、なぜ遊べるんでしょうか。関わるとろくな事がないと思うなら、関わらないようにすればいいのに‥、それだけでなく、ついからかいたくなると言うのです。

面倒くさがっているのなら、ごめんって1回言えば済みます。それなのにどうして100回も謝るのか? それでも面白がっているのですから、驚きです。

これぞ! 複雑な心理状態と言わずして、他になんと言えるのでしょうか。ちなみに、コンプレックスは意のままの「複雑な」を意味します。
 
ところで、
「ほとんどの女の子が小さいころから男子を軽蔑している」のでしょうか。有り得ないでしょう。男子の後ばかり追いかけている女子もいます。 
 
タイプ2w1の女性の中には、男子は頭がいい思っている方がいます。上記のように追いかけてばかりの子もいます。タイプ1とタイプ6の女子ならば、男子を怖いと思いつつも、憧れることもあるほどです。

バカ呼ばわりするなど、ちょっと過激で、きつい気質と思わざるを得ません。攻撃的な気質が出ています。弱目とはいえ、男子をからかいすぎて泣かしてしまうのですから。

次のようなことも書いています。
「女子校に入り、休み時間はワイ談で盛り上り、あんみつ屋に寄り道して、店内でワイ談で盛りあがった」 これでは羞恥心の少ないタイプと言わざるを得ません。

タイプ1と6の女子は、自宅にいてもワイ談で盛り上がるなど考えられないくらいですから、まして人目のある店内で話せるようなことではありません。いやはや驚きました。まる子ちゃんのイメージと違うよーーっ!

拍手[4回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】