そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[2860] [2859] [2858] [2857] [2856] [2855] [2854] [2853] [2852] [2851] [2850]
今回は岡本夏生さんが以前に利用していたサイトを取り上げてみます。青字が彼女の文章です。44歳頃のことですが、あまり仕事に恵まれていない時期のようです。

旧サイト2010226
https://ameblo.jp/okamoto-natsuki/archive2-201002.html
私の東京物語をかいつまんでお伝えいたします。21歳の時上京を決意、今でも忘れない。新幹線代がもったいなかったので、むりむり引っ越し会社さんの車に乗せてもらって、荷物と一緒に東京の目黒のマンションにダンボールを高く積んだ狭いワンルームマンションで疲れはて眠る中略30を過ぎた辺りから徐々に仕事が減り、現在へ。ゴルフの仕事などでなんとかつないで、空白の潜伏期間を乗り切る。

これまで取り上げたブログの文章とはだいぶ趣が異なります。テンションが高いとは言えませんし、落ち着きのある文章です。また、一人称として「俺」を使わず、男言葉もほとんど見つけられません。読者からのコメントに対して一人ひとりに丁寧に応えていて、常識的かつ誠実な女性というイメージになります。

が、しばらくしてコメントする来客者が多くなり、一人ひとりに返事ができなくなったみたいです。で、その分サービスしようとするのか、色気たっぷりの露出気味な写真が載っていたりします。

実態では色気などあまりない男性的な女性ですが、写真ではそれはわかりません。ですが、本性が男性であるからこそ、そういうことを恥じることなくできるのではないかと。読者を、女性的な色気で惹きつけようとしている、と考えられなくもありません。

ある日はカラオケボックスに行き、友人たちと朝まで盛り上がったという記事がありました。その年齢なのに体力があるのでしょうか。それとも、タイプ7によくある不眠症的な傾向があるので、いっそのこと朝までいようになったのか、あるいは帰宅すれば自分一人になってしまう、それを怖れて帰宅しなかったのか? タイプ7であれば、こんな想像ができますが、あなたはどう思われますか?

2010226
https://ameblo.jp/okamoto-natsuki/archive43-201002.html
…前略…これは私の遺言になっていくのかなって…だって毎日手帳に日記を書いているわけでもなく、まさに、このブログこそ、人間、岡本夏生の遺言、遺書になっていくのでは…と思っております。もし私が突然交通事故で何かあってもこうして私が感じた毎日をある意味、岡本夏生は昨日のブログにこんな事書いてあったよ…と言う形で残せるのはとてもうれしいし…ありがたい事だと思っております。

夏生さん、「だって」などと女らしい言葉使いをしています。この日、37人からコメントがあったようです。夏生さんがブログを始めたと皆に知られるようになったためでしょう。そして、「これは私の遺言になっていくのか」とあるように、死への距離感が近いみたいです。

★2010年2月24日
https://ameblo.jp/okamoto-natsuki/archive68-201002.html
FLASH
編集部の方、ひとりひとりに手渡しでシュークリーム配りました。凄く喜んでくれました。50重かったけど頑張って持って来て良かったです。

営業活動しているようで、この日は3件まわっています。服装は地味でグレーと黒。華やかさは全くありません。むろんのことスッピンです。営業活動するのであれば、ほどよい化粧をして、もう少し女らしい愛らしい服装にしたほうがいいのではと思うのですが、彼女はそうしていません。その必要がある時だけ自分を飾るみたいで、その点かなりドライで、女性的な振る舞い方では無いと言えます。

旧ブログサイトの文から見ると、露出気味のド派手な服装とか、周囲を驚かせる振る舞いや、他のタレントを食ってしまうほどの威勢の良さはどこに行ったのかと思う。たぶん、テレビに出演している時や、舞台やその他の公の場になると、緊張が高まりテンションも高くなって、自分をコントロールできにくくなって、ちょっとした失態を晒して批難を受ける事態を招いていたと考えられます。

そもそもタイプ7は「目立ちたがる」という気質ですから、目立つとテンションがあがります。が、その逆の作用も出てきて、目立ちたがらない気持ちにもなり、そんな時はテンションも低くなりますが、用心深くもなり失態も犯さず、常識的な行動がとれます。つまり、女性らしい振る舞い方ができていたのは、旧サイトの2010年頃だったのです。

★目立ちたがるタイプ7
 http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/active/page15/15-201~/15-218.htm


また、タイプ7は明るい人間に見られたい、幸せな人間に見られたいという欲求が強いという傾向があります。好調な時はハイテンションになりやすいが、不調になるとテンションがグッと下がり「不幸せ」ってことになり、暗くなります。どうやら、夏生さんの浮き沈みを見ると、原因はこんなサイクルがあるからではと予想させます。

 

拍手[7回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6
8 9 10 11 13
16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】