そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297]

タイプ2の人たちに尋ねています。「自分の父親が自殺したら、あなたはどんな気持ちになると思いますか?」

すると、「自殺ですか、ショックだと思うけど実感が沸かない」と答える人が全般的には多かった。正直な回答ではないでしょうか。

しかし、「病死ならばあきらめがつくが、殺害されたならば復讐を考えるかもしれない」などと答える人も結構いました。

そして、「やっぱ自殺されたら一番ショックだと思う」と答える人がかなり多かった、とお知らせしたいと思います。

予想通りになるものではありませんが、どのような予想をするのか、それだけでも傾向というものがあります。

さて、15歳くらいの未成年のタイプ2にとっては、自殺を選んだ父親をさげずみ憎むことも有り得ます。将来への不安もあるにはあるが、「自分は父に見捨てられた」という怒りと絶望感に襲われるのではないかと予想します。

自分という存在は、父親にとって何の意味のない、重みもない、生きる張り合いにもならない、そんな無意味な存在だったのか‥、というようなイメージです。

父親とは、子ども守り育て教え導くべき存在です。しかし、その父親が自殺したならば、父親としての義務と責任を放棄したことです。従って、タイプ2の子にとっては、もはや父親とは認められない。

しかしながら、同時に、父親の苦しみ辛さというものを考えてしまうのです。父親はかなり頑張ったのかもしれない。そうなったのは父親の責任ではないかもしれない、などと、父親の身になって考え出すのです。

同情の余地もあり、理解できないものでもない。がしかし…、と延々と続くのです。つまり、複雑な心境です。

怒りとか悲しみだけで済まない。単純ではない。複雑な心境が延々と続き、タイプ2の子どもを悩ませ苛むのです。そこが他のタイプと違うところです。

拍手[2回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6
8 9 10 11 13
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】