そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[354] [353] [352] [351] [343] [342] [341] [340] [339] [338] [337]

 「冬水田んぼ」という農法にて、友人と一緒に米作りをすることになりましたが、借りた田んぼは、小学校の教室4個分くらいの広さです。
 
 写真にある隣の田んぼ(教室2個分くらい)には水が入ってません。こちらは普通の農法でするつもりです。2つの農法の違う田んぼを耕作して、その違いを比較して観察しようというものです。
88619b66.JPG
 
 友人宅の近くにある田んぼですから、目が行き届くので安心です。

早くも田んぼにカエルの卵がお出ましです。写真にはおたまじゃくしも写っています。
約1週間で孵るようです。

 このカエルは「ニホンアカガエルらしい」というメールが届きましたが、その辺りでは、「シュレーゲルアオガエルが多いので珍しい」と言うのです。でも、カエルには興味が湧かないので、どちらでもいいんですが…。

86e212a9.jpg
 でも、そんなメールが届いたせいなのか、ふと目に付いたのは、「世界中で激減するカエル、原因は除草剤アトラジンか」というニュースです。

 ついでに、除草剤でカエルがメス化」とか、「除草剤はカエルの免疫機能にも悪影響」という記事も拾ってしまいました。

 また、「両生類は皮膚が薄く浸透性で、雨や地下水、水蒸気などに含まれる化学物質を吸収しやすい。それが世界的にカエルが減少している原因ではないか」とある。

 ところで、このアカガエルは準絶滅危惧種に指定されています。それはこのカエルの繁殖に適した早春に、水のある水田や湿地が著しく減少しているからのようです。


 
冬期に田んぼに水を入れなかったら、このカエルはどこで卵を産んだのだろうか? ここは、農薬を使わないから、よかったね、って思う。カエルには全く興味がなかったはずなのに…、なんとしたことか! 人間って変るもんですね。

拍手[11回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 9 10 11 12
13 15 16 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】