そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[509] [508] [507] [506] [505] [503] [502] [498] [497] [496] [495]

昨日のニュースです。JR山手線新大久保駅での転落事故で亡くなった韓国人留学生を偲ぶ会が開かれたというものです。20011月のことです。

線路に転落した日本人男性を救出しようと、ふたりの男性が線路に飛び込んだのですが、3人とも電車にはねられ死亡したという事故です。

韓国人留学生とは李秀賢さん(当時26歳)のことで、もう一人はカメラマンの関根史郎さん(当時47歳)です。ホームページで取り上げています。ふたりともにタイプ2と判定しています。

(ちなみに、李さんは典型的と言えるほどで、ウイング1だとすぐにわかるほうです。関根さんのほうはウイングがわかるものがありません)

しのぶ会において李さんの父親が息子のことを話しています。「弁当を用意できない同級生の分まで親に頼んだ」という小学校の頃のエピソードです。

はや10年も経っています。映画にもなったみたいです。なんと、「あなたを忘れない」というタイトルだそうです。

ところで、私がホームページを開設したのは20001月です。これは、その翌年に起きた事故で、すぐに調べはじめました。そして、その1年後に公表しているものが、以下に掲載しているものです。(クリックすれば飛べます)

http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/active/page15/15-201~/15-219.htm

タイプ2に対して、「人を助ける人」と名づけられていますが、本当にそうなのかと。確かめるしかないと思いつつ、なかなか情報が集まらずに困っていました。

そうこうしているうちに、なんと、李さんの母親が本を書かれたのでした。その少し後に、
関根さんの母親の手記が「婦人公論」に載りましたから、それでおふたりの気質を判定できました。

なお、日本人の関根史郎さんのことは、昨日の報道だけでなく、その他にも、いつも名が出てきません。もう忘れられてしまったんでしょうか。どうしてなのだろう、と思ってネットで調べてみますと…、

どうやら、関根さんのお母さんは高齢で、そのためなのか、「そっとしておいてほしい」という意向があったみたいです。

でも、私の中では記事にしたためなのか、なかなか忘れられずにいます。とくに関根さんです。母親とふたり暮らしだと手記にありましたから…。


拍手[7回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】