そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219]

 世界の263都市で、「大麻の合法化や使用・栽培の権利を訴えるイベントが行われた」と59日に報道。これを伝えてくれた方、ありがとうございます。

 ローマでもミリオン・マリファナ行進Million Marijuana Marchがあったとか。ついでに他に何かないかと探してみると、「聖パトリック・デーには安全なマリファナで祝おう」という呼びかけを見つけました。

 聖パトリック・デーはアイルランドの文化を祝う5月の祭りとして有名ですが、ビールなどの酒が大量に飲まれることでも知られています。ちなみに名古屋地区では今年は大須であったようです。

 アルコールは合法だが無害ではないので、それよりはマリファナのほうがよかろうということらしいのです。
 マリファナ政策改革団体が、「マリファナを使うという分別のある選択をするのを奨励しよう」、そして、「メディアの各支局はこのメッセージを公共サービス情報の一環としてアメリカの読者や視聴者たちに伝え」て欲しいとアピールしています。


 「アメリカ保健省の疾病対策センターによれば、年間でおよそ2万人のアメリカ人がアルコールが直接原因で死亡している。これに比較して、マリファナの場合はゼロで、死んだ人はいない」ともある。

 ちなみに、日本では2001年の55日から「マリファナ・マーチ」が催されています。以下に「カンナビスト(カンナビ=大麻)」というホームページに掲載されています。カンナビスト会員は4700人らしい。なお、私は会に入っていません。誤解する人がいるみたいなので付け加えます。

 http://www.cannabist.org/report/mmm2001/topress.html


 大麻がタバコやアルコールよりも害が少ないのに、なぜ喫煙しただけで重大犯罪者扱いをされるのか、それが理解できないのでついつい取上げてしまいます。

 なんとなく、大麻と「覚醒剤・LSD・ヘロイン等々」というかなり有害なものと、一緒くたにされているように思うのです。危険なものがあるとしたら、広く情報収集して何が危険なのか知ること。それが最も求められていることだと考えます。無知こそ最も危険なもの!! 

拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】