そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[296] [295] [294] [293] [292] [291] [290] [288] [287] [286] [285]

4日のナショナルジオグラフィックニュースで、「宝石箱」と呼ばれている星団の写真(クリックする拡大されます)が載っていました。以下です。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2009110406

fa7e0f90.jpg
南半球からみえるサザンクロス(みなみじゅうじ座)の近くにある「散開星団NGC4755」です。

19世紀のイギリスの天文学者、ジョン・ハーシェルが、この星団を、「宝石箱」と名付けています。双眼鏡でも見られます。

1年前、ニュージーランドのテカポ天文台で観ている星ですが、約6400光年という距離にあると言われています。何度でも何度でも観たいものです。

でも、一昨夜3日の月は神々しいほどに美しくて‥‥、遠い外国まで出かけなくとも、これを見ているだけでもう十分!だと思いました。

年を追うごとに、花鳥風月の世界に関心が行き、だんだんと人間社会のことなんぞどうでもいい、みたいな感じになっていく‥。ただただ美しいものだけを見て生きていきたいとか‥。逃げているのでしょうね。

もうじき冬です。これからの季節は星空が美しく透明になります。また、星見スポット情報をインターネットから得られます。

ちなみに、しし座流星群は、
1117日深夜から18日の明け頃にもっともよく観られるそうです。

拍手[2回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】