そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[297] [296] [295] [294] [293] [292] [291] [290] [288] [287] [286]

顔写真は並べて見るべきだと思います。お二人が似ているのかあまり分からなかったのですが、以下の画像をコピーして並べてみたら、やはり似ています。
 

さいとうたかをhttp://www.shinjukuloft.com/galaxy/archive/e/2008/post_20.php
梶原一騎
http://homepage3.nifty.com/slowly/newpage45.htm


ともにタイプ8w7と判定しています。巨漢
で猪首、顔が大きくて目も怖そうです。この漫画家を知らない人はいないと思いますが、顔は意外と知られていないみたいです。


ちなみに、さいとうさんは漫画「ゴルゴ13」が大ヒットしており、現在も続いています。梶原さんは「巨人の星」が代表作になると思います。


巨漢の二人が出会ったら、どうなるんだろうかなどと想像していたら、なんと見つかりました。「劇・男‥劇画を作った男‥」(リイド社)の中でさいとうさんが書いています。


出版社のパーティー会場らしく、「あるとき、梶原一騎氏に初めて会ったが、挨拶しようと近づく、ところが梶原氏はなぜか知らんぷり。以来、梶原氏に声をかけることはなかった」とあり、


続けて「マンガ界の二大強面“東の梶原一騎、西のゴリラ”と言われていた時代の話」とあります。


う~ん、さもありなんですね。意気投合するなんてことにはならないと思っていましたが。


ところで、タイプ8に該当する人はめったに出会えないので、マンガだけでなく著書などがあれば必ず読むようにしています。


なお、
上記の中でインタビューに応えているものがあり少し転載してみます。


(子どもの頃は)メチャクチャ、ワルでしたよ。近所のおばさんから“あんたが大きくなって行くところは刑務所しかあらへん”と、いつも言われてました」


「なぜか子分みたいなのが大勢集まってきましたね。でも、大人からは嫌われていましたよ。ワルのくせに理屈っぽかったですからねえ」


他のところには、「学校(中学)へは手ぶらで行っていた。決して学校に何も持って行かなかったわけではない。カバンを持ちたいという輩が後を絶たなかったのだ」


もうビックリです! それに、カバン持ちになる子がいるんですねえ。マンガや小説の中でしかお目にかかれないような人物です。「タイプ8にはめったに出会えない」というのは本当のことなのだと納得できますよ、ね?

拍手[3回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】