そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[473] [472] [462] [461] [460] [459] [458] [457] [456] [455] [454]

知り合いの30代の男性が、ある日、田舎に出掛けてソバ屋でランチを食べていた時のことを、おもしろおかしく語ってくれたことがあります。

男性が、ふと窓の外をみたら、眼下に見える川岸で、おぼれかけそうになって助けを求める声が聞こえたのだそうです。それですぐに駆けつけて助け出すことができたというお話です。

しかし、彼が言うには、エビ天を箸で持っていたが、叫び声を聞いて、それを口の中にほうりこみ、それから席を立ったというのです。それが自分でも許せなかったことなのだと言います。

ところで、当ブログの11/10にご紹介しているものがあります。「辛くても、食欲がなかなか減らないのもタイプ2に多い…」です。

失恋しても食欲が減らない、何かで辛い時でも、泣きながらでも完食してしまう人がいたらタイプ2から探します。

お母さん気質(タイプ2)の人たちが、人助けにもっとも敏感に反応して行動を起こす傾向があります。たとえば、子熊を連れた母熊くらい恐ろしいものはないとよく知られています。家族や一族や他の人たちを守らねばならない、という気持ちになりやすい気質を内に持っているからです。

また、火事場のクソ力を出せる人は、どのタイプかと聞かれたら、危機時でも食欲を失わない人だと考えられます。タイプ8も該当します。お父さん気質ですから、家族や一族や家来など、身内しか助け出さないかもしれませんが…。

タイプ8は、縄張りを守るためとか、敵と対峙する時に、火事場のくそ力を出すタイプです。つまり、決戦の前は腹ごしらえをする人たちです。

そして、戦いとか闘いを怖れて怯むようでは、食欲というものは減退するでしょう。エネルギーの補給を忘れない人が、勝利を得られる可能性が高くなりますからね。

一方、エビ天を箸から落としてしまう、つまり、何か起きたら、食べ物が喉に通らなくなる人たちがいます。攻撃タイプ以外のタイプにある傾向です。むろん、みながみなそうだと言うのではありません。

なお、上記の男性は、タイプ2と判定している方です。そして、ごく最近でも、酩酊してプラットホームから落ちた人を助けた男性がいます。この男性がタイプ2なのか、他のタイプなのか知りたいところですが、まだわかっていません。

約10年前にも同じような事件が起きましたが、タイプ2と考えられる人でした。以下です。

http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/active/page15/15-201~/15-219.htm


拍手[4回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】