そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42]
 「あいつは、自分が世界の中心にいると思っている奴なんだ!」  このような一般的な言い方があります。そして、「もう少し隅っこを歩いたら‥」と言いたくなるような、そんな人がいます。つまり、その人の言動から周囲の人たちが感じているもので、自己中心的で優位的な言動を指しています。

 なお、このようなことは、国にもあります。たとえば、「中華思想」です。中国(中華)は、世界の中心で、その政治体制や文化や思想は最も価値が高く、漢民族は最も優秀が民族で、他の民族は教化せねばならない対象で、主導していかねばならないという思想です。

 最近のニュースを知ると、中国はいまだにこの思想を色濃く持っていると考えざるを得ません。冷凍ギョーザ事件でも、その対応ぶりからは自己中心性が感じられると思うのですが、みなさまはどう思われるのでしょうか?

 ところで、ご存知のように、漢語に「東夷とうい」というものがあり、彼らから東の国である日本や朝鮮のことを指しています。「西戎せいじゅう」は西の地で、チベットなどの遊牧民のことです。「北ほくてきは、北の蒙古民族などで、「南蛮東南アジアやインド、ポルトガルも入るようです。

 「夷」・「戎」「狄」「蛮」全て野蛮人の意で、外国人を蔑視する時に使う漢語であることはよく知られています。日本も倭の国の時代に、熊襲(くまそ・九州)とか蝦夷(えぞ&えみし・アイヌ民族)と呼んでいたようです。

 そして、「くまそ征伐」とか「えぞ征伐」という言語を使っていました。この「征伐」という言葉ですが、大国の傲慢性が如実に出ているように思われます。日本も、倭の国の頃から相当にジコチューな国であったと思わざるを得ません。

 
明治に入り、西郷隆盛が「征韓論」という言葉を使っていましたが、それは「日本書紀」にある記述から来ている「三韓征伐」に端を発しています。中世での秀吉の朝鮮出兵にもつながっており、「朝鮮は、三韓征伐より日本の属国で支配する権利がある」という考え方です。なお、この「三韓征伐」、史実ではなさそうです。

 現在ならば米国は、○○○征伐をしたということではないでしょうか。それは、中国とチベット、インドネシアと東チモール、ロシアとチェチェンみたいな関係と言えるでしょう。いつの時代も、小国・小民族が迫害されて辛酸をなめています。

 さて、身近にいる人々の中にもジコチューの極みみたいな人物がいて、「(自分には)愛がある」などと語っていたりします。国家にもジコチューの極みみたいな国があると考えられます。「(自分たちの国は)人権擁護している民主主義の国、自由の国」だと力説しているように思われるのです。



拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 9 10 11 12
13 15 16 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】