そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[158] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [146]

受講生A:うちの夫のことだけど、いつも隣家を意識しているのよ。私がちょっとでも大きな声を上げると、“声が大きい、ドウドウ”って、私のこと馬扱いするのよ。隣の人に聞かれたくないみたい。なんでもないことなのに‥。

受講生B:あら、私のところでは夫婦ゲンカになると、亭主のほうが隣家と接している窓を閉めようとするのよ。私は、“聞かれたっていいじゃない。なによ!”と大きな声で怒鳴ってやるわ。そうすると黙ってしまうの!


受講生C:へ~え、そうなのね。うちはね。彼がなにかで怒り出すと、私のほうが部屋をまわって窓という窓をみな開け放すわ。そうすると、だんだん声が小さくなって、しまいに彼は家を出ていくわ! 〔一同爆笑!〕
 
 さて、受講生は圧倒的にタイプ2w1の女性で占められています。上記の3人の受講生も2w1で、オープンな気質ゆえ家庭内の赤裸々なお話を聞かせてくれます。

 ところで、受講生Aの夫は6w7、受講生Bの夫は9w1、受講生Cの夫は7w6です。攻撃タイプ(8・2・5)のほうが羞恥心は少なく、調和タイプ(3・6・9)はそれよりも羞恥心は強くなり、防御タイプ(7・1・4)は最も羞恥心の強い気質です。ですから、このような展開になるのは必然的なことです。

 都市部の宅地価格は高いので、庶民の一戸建ての多くは隣接している家との距離がかなり狭い。そこで上記のようなエピソードが、たぶん多くの家々でなされているのではないでしょうか。

拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 9 10 11 12
13 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】