そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[160] [159] [158] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149]

 都会から、地方の小都市に引っ越しして早くも8年になります。市民生活に関わる所用はほとんど車で15分くらいで行けるところです。図書館と美術館が近いことが最も喜ばしいことです。また、出かけても疲れずに帰宅できます。この便利さは他に変えがたいものがあります。

 県の広大な緑化センターは車で20分、市の緑化センターは徒歩10分のところです。その他、自然観察の森あり、矢作川沿いの遊歩道や万博跡地の海上の森など、とにかく里山が近いのがとてもよいのです。

 また、大抵どこも駐車料金が3時間以内なら無料で、物価も名古屋市よりはずっと低い。近郊で採れた野菜は鮮度もよく価格も安く、桃や柿、ぶどうやスイカなどの栽培農家が多く、空気がきれいで自然環境がとてもよいのです。どうして、もっと早く引っ越ししなかったのかと悔やまれます。

 ところで、車で20分くらいのところに香嵐渓という紅葉の名所がありますが、ライトアップされているものです。外国の人たちもたくさん観に来るみたいで、道中の交通渋滞は並大抵のものではありません。車は歩いている人と同じ速度で進んでいます。私のほうは人の多いところが苦手なので、そういうところには近づきません。

 今日は、森の木々が本当に「燃えている!」と言えるほどに、赤々と夕陽に染まっているところに出会いました。しかも、一人で森の散策をしている時で、周囲に人の気配はなく深い静寂に包まれています。

 早く森を出ないと陽が落ちてしまうのですが、立ち去りがたく‥。これほどに木の幹や枝まで赤く照らし出されているのを見たのは、生まれて始めてかもしれません。まだまだ、「生まれて初めて」の感動体験が続いています‥‥。

 写真に撮ればよかったのに、すみません! 写真嫌いなのでカメラを持ち歩く習慣がないのです。でも、ブログをはじめたのですから、これからは美しい風景写真なども撮れるようにしたいと思います。

 

拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】