そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [156] [155] [154] [153]

 たとえば、小学校の先生が書き方の授業において「广(マダレ)」や「疒(病ダレ)」について教えています。そんな時、すかさず口を挟む子が昔からどこにでもいます。

 さて、ある男子は「ヨダレ!」とつぶやいたそうです。先生も負けずに「バカタレ!」と返事。それを聞いたある男子はうれしそうに、「焼肉のタレ!」 みんなを爆笑の渦に巻き込みます。

 反応の早い子どもゆえ、当会の理論ならば「ピリピリタイプ」が該当します。なお、具体的には、その多くは「7w6」と「2w1」で、その他ならば「6w7」になるかもしれません。ピリピリタイプについて知りたい方は、次をクリックしてください。

http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/active/page15/15-201~/15-205.htm

 先生が漢字の部首の「厂」を黒板に書くと、すかさず「ボク知ってるよ。ガンダレって言うんだ!」という、そんな男子がどこにでもいます。意外かもしれませんが「1w2」にもいます。このタイプもピリピリ型で「口から先に生まれた」に入り、優等生気質がそうさせています。

 また、優しそうな男性教師に近づく女子がいます。男教師の腕にぶらさがったり、手をさすったり、ベタベタするようです。男性教師がこの女子に尋ねたみたいです。

男性教師:どうして、そんなにくっつくの?
女子生徒:暖かいから‥、
男性教師:先生はコタツじゃないよ!
女子生徒:フフ! じゃあね、○ちゃん(教師の下の名前をチャンづけ) ! 明日も遊ぼうね!

 こんな女子も昔からどこにでもいます。エニアタイプでみると「2w1」か「7w6」の女子です。ただし、この二つのタイプの動機は違います。2w1女子は男好きで、さらに優しい先生を好むので近づきます。そして、先生に対しても友だちみたいな口をきくのです。

 7w6の女子は同級の女子が怖くて近づけないことがあり、また、男子とも遊べないような女子がいます。クラスの輪の中に入りにくい気質で、7w6の女子はかなり年上の人とか先生のほうが安心できるようです。それで、やさしい先生にベタベタとまとわりつきます。

 なお、タイプ7は先生に対して友だちみたいな口をきくことはありません。大人になったみなさんにも覚えのある懐かしい風景ではないでしょうか。

拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】