そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [156]

 あるタイプ7w8の男性は、定年退職してから念願の釣り三昧の暮らしをしています。退職金で釣り船も買いましたが大金なので、妻から反対されたようです。しかし、若い頃から夢見ていたことなので譲れなかったみたいです。

 なんと、この男性は20代に婚約していますが、その頃から「退職したら世界一周クルーズの旅に出る」ことと、その後は「釣り船を買って、釣り三昧して老後を過ごす」と宣言していたみたいです。人生を楽しみたがる気質ですから、早くも定年退職後にすることを夢見ているのです。いずれにしても、船とか釣りとか、そこら辺りから意識が離れないみたいです。

 また、先日、マンガ家の楳図かずおさん(タイプ7w6)がある雑誌にてインタビューを受けて応えているものを読みました。以下は、「このマンガを読めTHE BEST MANGA OF THE YEAR 2007」に掲載されているものです。

 「生まれてからずっと絵を描いてきたという記憶なんです。ただ、違う側面もあったようです。あとでわかったことですが、子どもの頃、よくお邪魔していたお宅に行って、“絵ばかり描いていたそうですね”と聞いたら、“いいえ”と言われました(笑い)。“釣りばっかりしていました!”と言われてしまったんですよ。自分で考えている自分と、はたから見られている自分というのは違うんですね(笑い)!」

 釣り遺伝子を持つタイプ7にとっては、釣りは本能的についやっているようなことです。また、あまりにも自然体のことゆえ、釣りをしていたことは忘れられやすいのです。これは他のタイプにもよくあることです。

 たとえば、タイプ2の人たちは「お母さん気質」ですが、他の人たちに何か注意したり世話を焼いているのですが、まるで記憶に残っていない人たちがよくいます。

 掃除遺伝子を持つ知り合いのタイプ1も、子どもの頃から掃除のことで何かとこだわっていたのですが、それが記憶に残っていないみたいです。周囲の人たちはみな知っているのですが。

拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 9 10 11 12
13 15 16 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】