そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63]
 昨夜(5/9)のニュースは、「名ばかり管理職」だった方が地裁に訴えたというもの。「コンビニエンスストア・SHOP99の元店長、清水文美さん(28)が、店の経営者に残業代など約450万円の支払いを求め、東京地裁八王子支部に提訴した」 以下をクリックして読んでみてください。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080510k0000m040078000c.html

 テレビ画面に出ましたが、朝8時から翌朝の8時まで24時間連続働いて、その15分後からまた働いており
4日間で80時間働いたこともあったようです。それでは寝ていない!? 風呂に入っていない? 食事は摂ったのか? と尋ねてみたいような働き方です。彼は就職氷河期にいた人で、やっと正社員になれたのだからと、苦しくても頑張って働こうとしたようです。

ところで、過労死する人たちの気質を考えてみるに防御タイプ(7・1・4)が多いのではないかと予想しています。清水さんも話し方やら顔相からみると、タイプ4らしく感じられます。なお、判定したのではありませんから誤解しないでください。毎度、こういうことを書く必要があるようです。忠告のメールを頂いています。

 この3つのタイプは、超真面目で完ぺき主義的になってしまう傾向があります。一つのミスもしないように気を張り詰めており、手抜きなどとてもできないほうです。命じられたそのまま忠実に仕事を遂行する気質で、自己流に変えたり、適当にやりすごすことはありません。
また、気分転換ができにくい人たちです。帰宅しても明日の仕事のことばかり考えて寝つけず、勤務時間内も気を休めにくいのではないでしょうか。

 雇用者は、自分が見ていなかったら適当に手抜きしたり、さぼっているだろうと予想しているのかもしれません。その通りの人もいます。しかし、考えられないほどの真面目な人たちがいることを知っているのでしょうか。知っていて、それをうまく利用したということはないのでしょうか。

 知り合いのタイプ1は学校の教師ですが、いつも遅くまで学校で仕事をして、学期末近くになると、コタツでうたた寝しただけで翌朝いつものように働きます。知り合いのタイプ7はもっと過酷な生活ぶりです。さるところの支店長をしておりましたが、1年近くも一日3時間くらいの就寝時間しか取れず休日も仕事に出かけて、家族は父親と顔を合わすことがめったになかったと聞いています。結局、この彼は体を壊して、その職場を辞めてしまいました。

 4/29づけで取り上げているレストランの店長さん(タイプ4)も、帰宅しないままに店で仮眠をとることがしばしばあるようです。朝は誰よりも早く仕事にとりかかり、食事も外で取れないので、店の冷蔵庫内にすぐに食べられるものを入れていたみたいです。そして、部下たちが帰宅しても、明日の準備に手抜かりないようにしていたという。

 こういう仕事ぶりを、トップの人たちは
見て見ぬ振りをしていたのか、そこはわかりません。しかしあまりにもむごいことです。命を削って働いている人たちがいます‥‥。

 

拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】