そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[281] [280] [279] [278] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270]

 アフガニスタンが舞台の映画・The Kite Runner(英タイトル)無名の新人作家カーレド・ホッセイニのデビュー作です。全米300万部突破の大ベストセラーとなった小説を映画化している。

 公式ペーシ→
http://eiga.com/official/kimisen/

 感動の映画だと絶賛されているのですが、私自身は感動もせず、評価もしていません。ただ、気になるシーンがあったのです。

 そこに原作者の気質が出ていて、他のタイプとの違いがうまく伝えられるかもしれないと思い立ったというわけです。以下はそのシーンです。

 平和だった1970年代のアフガニスタン。裕福な家の一人息子アミール(主人公)は、召使いの息子ハッサンと大の仲良し。凧合戦で二人の腕がよかったのか勝利します。

ハッサンが凧を探していると、
3人の不良っぽい若者が来て、からまれ暴行をうけます。ハッサンを探していたアミールはその様子を隠れ見ていただけで、助けようとせず帰宅してしまう。

その時からアミールはハッサンを避けるようになり、父親から仲良くするようにと注意されるが、ハッサンに泥棒の濡れ衣を着せて、家から追い出すことに成功する。

 
仲良しが暴行を受けているのに助けようともしなかったアミールは、ハッサンに悪いなと思うのではなく、嫌い避けるようになりました。

 アミールは自分の弱さを悔いているのか、恥ずかしいと思っているのかわかりません。が、自分の時計をハッサンの部屋に隠して、彼に盗まれたように見せかけて、まんまと計画通りにハッサンを家から追い出します。

 この展開は不思議です。たとえば、ハッサンに加勢しても3対2では勝ち目がないので、その場はあきらめる、が、次はハッサンとともに必勝の作戦を立てて仕返しようと考えてもよかったのではないかと。

 または、自分が助けに出なかったこと、勇気がなくて行けなかったとハッサンに詫びてもよいはずです。

 しかし、アミールはハッサンを嫌い避けるだけでなく、汚い方法で彼を追い出してしまうのです。父子ともどもに職を失うような酷いことをしてしまうのです。そりゃあんまりだ! と、思わざるを得ません。
 
 後にアミールは、孤児になったハッサンの息子を引き取るのですが。当時のアミールのハッサンに対する仕打ちを理解できる人と、理解できない人と分かれるはずです。あなたは、どちらですか? よかったらお知らせください。続きは次回にしたいと思います。 

拍手[2回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12
13 15 16 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】