そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[315] [314] [313] [312] [311] [310] [309] [308] [307] [306] [305]

秋から冬という時期に、うつ病にかかる人がいます。「冬季うつ病」と言い、一度発症すると毎年繰り返す傾向があると言われています。

女性に多く、症状としては、「自己否定・無力感・日中も眠くなる・集中力がなくなる・人づきあいがおっくうになる」などです。

治療としては、「光療法」というものがあり、2,500
10,000ルクスの光を浴びると症状が回復することがあるそうです。

該当の方がいたら治療法があるみたいなので、診察を受けることをお勧めします。薬も最近は副作用も少ない良い薬が出てきました。また、生活を朝型にして、午前中に散歩やスロージョギングなどされるのも効果があります。

なお、うつ病とは言えないが、ウツウツとした気分が続いているならば、柳澤桂子さんの著書をお薦めしたいと思います。私自身も読んで癒されたという経験があります。

彼女の本を読み終えて…たとえば、こんなふうに思うようになったのです。私には、目が2つもある。両手が使える。暖かい日差しを浴びて林の中を歩くこともできる。それを気持ちよいと感じる心もまだ残っている…。失ったものよりも、持っているものがあることを思い起こせばいい…、それだけで充分なのだと。

彼女のことを知ったのは、生命科学に興味があった頃で、「いのちとリズム」という本からです。難病というか奇病に苦しまれて、30年余も壮絶な闘病生活をしていることを知りました。

昨夜、寝る前に読んだのは、柳澤著の「やがて幸福の糧になる」です。苦しみを究めた人が、その先で見つけた幸福というものがあるらしい…。

また、「癒されて生きる」は、しばしば読んでいるものです。生命科学の本は少し読みづらいかもしれませんが、それ以外のものならば、軽く読めるものばかりです。

なお、以下は柳澤桂子さんのホームページ。著書もたくさん紹介されています。エニアタイプは、タイプ2と判定しています。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~doc_k_yanagisawa/index.html

柳澤桂子さんのプロフィールがよくわかるウェブサイトは以下です。
http://www51.tok2.com/home/sendatakayuki/etcgenkou4/syohyou181.html


拍手[3回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】