そこに、いつごろ創建されたのかわからない古い塔が、一面に生い茂った葦原に囲まれて立ち尽くしている。風が吹くと葦原がざわざわに唸りだす。なぜか、懐かしさに一杯になる、あの塔…。ずっと探し続けている。塔の秘密を解き明かすのは誰? 
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
師走に入り、皆さんも何かとバタバタと雑用に忙しいのではないでしょうか。私も、家庭菜園の世話があり、かつ収穫した野菜を漬物にしたり干したり調理したりなど、冷たい水仕事などで手が荒れて、毎日がアッという間に過ぎてしまいます。一週間がまるで2日で過ぎてしまうような感じです。でも、充実感もあり、このような暮らし方ができることを誰かに感謝したいという気持ちになります。

さて、今日は、当会の基本理論には、「9つのタイプは特定の対象に意識が向けられている」というものがありますが、どうも誤解されていることが多くて、もう少し説明が要るようなのです。

9つのタイプは特定の対象に意識が向けられている
http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/static/theory5.htm


拍手[5回]

自宅に放火して、家族を三人死なせてしまった少年は、父親からの長期間(4~15歳)の厳しい受験教育に耐えていた。しかし、その厳しさは半端じゃなかった。

父親の期待にこたえねばならず、名門中学に合格したが、そこは優秀な子どもたちばかり揃っている。小学生時代のようにトップになるのは容易ではないはずです。で、初めての中間テストで180人中160番という成績となります。


この時の父親は、「
はらわたが煮えくりかえり、息子を怒鳴りつけ髪の毛を引って、その場に引きずり倒し、握り拳で頭を殴ったり蹴ったりして息子を怒りつけた」と供述。

そして、
「息子は放っておくと遊んでしまう。厳しくすれば成績があがる」とみて、父親はさらに厳しいノルマを与えるようになります。勉強大好きな子どもだと気づくことはなく、それどころかゲーム禁止令を出して、マンツーマン指導を続けます。


拍手[14回]

★奈良自宅放火母子三人死亡事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E8%87%AA%E5%AE%85%E6%94%BE%E7%81%AB%E6%AF%8D%E5%AD%903%E4%BA%BA%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

上記の事件は、父親がタイプ2w1で、息子がタイプ4w5という組み合わせです。今年の8月21日に起きた事件は、父親タイプ2w1が、息子タイプ2w1(まだ確定してはいませんが)という組み合わせです。

前者は、息子が父親を殺そうと計画を立てましたが、後者は父親が息子を刺殺してしまった…。どちらの父親も短気で攻撃的で、息子への教育に過剰に熱心だったという点では全く同じです。

今回も、
薙厚子著の『僕はパパを殺すことに決めた』に書かれている情報(青字)から、以下の事件の被害者である父親とその息子との関係を探って、このような悲劇的な事件に至った原因を見つけ出そうと思います。

「父親は息子が4歳くらいから幼稚園に通わせ、さらに子ども塾と公文にも通わせた」 そのうえ「夕食後の2時間は勉強する時間で、うまくできないと怒られ叩かれていた」 さらに、「日曜日も時間があれば勉強させた」と父親は供述している。「小学校に入学したころは3~4年生程度の学力はあった」

と、そんな供述の場でも自慢げです。他の子どもたちは毎日遊んで過ごすような時期ですから、これほどに勉強をさせれば、一気に差はつけられるでしょう。

拍手[7回]

ここを初めて読む方にお知らせします。父親が息子を殺した事件(今年の8/21)と、息子が父親を殺そうとした事件(以下にある)を取り上げています。

★奈良自宅放火母子三人死亡事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E8%87%AA%E5%AE%85%E6%94%BE%E7%81%AB%E6%AF%8D%E5%AD%903%E4%BA%BA%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

さて、防御タイプ(714)は、自分を守るためには持てる能力をフル回転します。ですから、防御に関することは能力が高くなる傾向があります。攻撃タイプ(825)は、相手を攻撃するとなると頭をフル回転させます。ゆえに、こちらも攻撃に関することは能力が高くなる傾向があります。

ですから、どのタイプも得手不得手があって、防御タイプは攻撃能力が低くなり、攻撃タイプは防御能力が低くなる傾向があります。それを以下に書きまとめています

★攻撃型タイプは守備に弱い
http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/active/page15/15-1~/15-41.htm


拍手[5回]

16歳の少年の気質が出ているところを、あなたは一体どこだと思われましたか?

前回の青字からみるならば、まず父親から「殺すぞ」と脅されているだけなのに、本当に殺されると受け取ってしまったところが気になります。恐怖心があまりに強くて常識的な判断ができなかったと考えられます。父親にとっては、強く脅さないと息子が勉強しないので言ったに過ぎません。ですが、その言葉をそのままの意味に受け取ってしまった。

それに関して何やら珍しい用語があるみたいです。「字義通り性」というらしいです。でも、なぜ字義通りに受けとってしまうのか、そこです。混乱したり、恐怖心で一杯になるなど、冷静な判断ができなくなることは誰にでもあるものです。とくにこんな用語を使う意味がわかりません。とかく心理学界では変な用語がたくさんあります。学問的な分析をしていると思わせたいのではと勘繰ってしまうところです。

しかしながら、恐怖心があまりに強くて常識的な判断ができないのであれば、慎重さもどこかに吹っ飛ぶのではないかと思うのに、そうではない。「一瞬にして殺すことができないとパパに」逆襲されるかもと実に殺せる方法を探しています

拍手[6回]

★http://www.j-cast.com/tv/2016/08/24275919.html

上記の事件報道から、親子がともどもに攻撃タイプ(825)の可能性があると前回(その1)にて述べています。

しかし、
父親が攻撃タイプであっても、タイプ8ならば、このような事態に至らない可能性があります。なぜなら、タイプ8も「お父さん気質」なので親意識が高いほうですが、息子は放任になりがちで、娘であれば強い関心を持つほうです。次は妻、次は母親です。それは『女性を強く意識するタイプ(837)の特長的なところです。

また、タイプ8は自身が誰からも指導されたがらない、いわば独立独歩と言う気質ですから、息子も指導されたがらないと見てしまう。

ほんどの人たちが自分中心に相手を見ているためであり、自分がそうであれば相手もそうではと思うようです。
 
タイプ8は叱責されて勉強するような人間では、大した奴にはなれないと考える傾向があります。また、息子はライバルにもなりえる相手で、自分()を越して欲しいなどという期待はしません。自分が一番ですから…。
  


拍手[7回]

「受験勉強しないから」と、父親が小6の息子を刺し殺してしまったという事件が8月1日に起きました。この父親は逮捕直後、「誤って刺した」と供述していた。

しかし、その後の調べで、自分も学んだ私立の有名中学に息子を進学させようとしたが、受験勉強の姿勢で不満があって刺したと説明するようになった、と報道されています。逮捕された父親は、
度々、長男を叱りつけているのを近くに住む人が聞いていたようです。

★「勉強もっとしろ」怒った父親 小6長男を刺殺!自分と同じ有名進学校受験準備
http://www.j-cast.com/tv/2016/08/24275919.html

父親は今頃、自分を責めているのではないでしょうか。悲しい出来事です。息子と激しい言い合いとなり、父親はカッとなって、思わず知らず台所に走り、刃物を持ち出してしまった…。ですから、「誤って刺した」と言えますが、短気な気質でなければ起きない事件です。

拍手[6回]

遅まきながら、8月8日の天皇陛下のビデオメッセージを旅行中で観ておらず、Youtubeから探して観たところです。

ビデオhttps://www.youtube.com/watch?v=PiglYL2WdvY
全文書き起こし
http://www3.nhk.or.jp/news/special/japans-emperor/

退位したいというお気持ちを率直に表明されていますが、世論調査では、退位容認が圧倒的多数です。以下にあります。
http://this.kiji.is/133869371972091911?c=39546741839462401

3度見ましたが、気になったものは3つです。まず、「象徴」というお言葉が7回もあったことです。象徴とは、憲法第一条にある「
日本国の象徴」のことです。自民党の憲法草案では「日本国の元首」ですから、あきらかにけん制していると考えられるところですね。


拍手[9回]

細木数子さんがテレビ出演をしなくなってからずいぶん経っています。以前の細木さんの言い分を聞いたことがあるならば、女性に対してかなり厳しかったこと知っておられるでしょう。これは、「女性を強く意識するタイプ(837)」に共通にある特長的なところです。

エニアタイプは8W7と判定しています。タイプ8は父さん気質ですから、細木さんの中身は男ではないかと誰もが思うくらい際立っています。歯に衣着せず厳しい叱責をする人と知られています。また、服装は黒か白が多く、タイプ8のシンボルカラー「黒と白」そのままです。タイプ8はめったにお目にかかれない、かなりの少数派ですからテレビ復帰してほしいところです。

★9つのタイプのシンボルカラー
http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/eneagram/active/page15/15-201~/15-204.htm

拍手[9回]

ある人物が「女好き」に見えたので、261の3つのタイプと予想することはよくあります。その逆も無論よくあります。「女嫌い」に見えたので、837という「女好き」なタイプではないと予想してしまうのです。

よくよく観察しないと、また押さえ処を間違えないように慎重を期す必要があるところです。人の心理は単純ではありません。まあ、複雑系?でしょうか。

拍手[3回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8
10 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
竜頭 万里子 (りゅうとう まりこ)
性別:
女性
職業:
講師・カウンセラー・ライター
趣味:
読書・散歩
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】